レモンの魅力

 昨秋、庭の片隅にレモン(lemon)の苗を1本植えた。 1~2年で花が咲き実が生るというから楽しみである。 私はカレーを食べるときにレモンを皮ごとおろし金で下し、振り掛けて食べるのが好きである。 味が引き立って一段と美味しくなるのだ。 レモンがないときはスダチを絞ってかけるのも好きだ。 スダチの木は庭に1本あって重宝しているので、今度はレモンの自家製をと思ってのことである。 レモンは、抗酸化物質のエリオシトリン(eriocitrin)に加えて、クエン酸ビタミンCを豊富に含み、動脈硬化、肥満、メタボリック症候群、認知症などの予防効果が期待され、美肌の維持やエイジング ケアに役立つ食品として、近年、注目度の高い食品である。

 レモンの原産地はインド北部のヒマラヤ地方で、栽培が盛んになったのは地中海最大の島、イタリア領のシチリア島で、13世紀頃とされる。 その後、米国に渡り、15世紀頃からカリフォルニアでの栽培が本格化した。 日本への伝来は19世紀後半である。 日本は消費量の9割を輸入に頼っており、約6割を米国西海岸から、約3割を南米のチリや南アフリカより輸入する。 近年、国内産も徐々に増えており、県別生産量の第1位は広島県で、愛媛県、和歌山県がこれに次ぐ。 柑橘類のためポストハーベスト農薬が問題視され、国産の無農薬物は輸入品に比べ一般に2~3割の高値である。

 レモンは、米国などの英語圏では、「欠陥品」や「品行の悪い女性」を意味する俗語として使われ、ダメな新車を、「This is a real lemon.」などと呼んで馬鹿にした使い方をする。 「酸っぱいもの」として、好感をもたれていないのが理由のようだ。 一方、日本では酸っぱさの中にも、ほのかな甘さを感じ、フレッシュなイメージもあることから恋愛や初恋と結び付けられることが多く、しばしば「ファーストキスはレモンの味」などと表現されて、どちらかといえばよいイメージである。高村光太郎の詩に「レモン哀歌」がある。

 従来からレモンには食後高脂血症を抑制する作用(臼田美香ら:日本未病システム学会誌 10:62-63,2004)が知られていたが、最近三重大の研究グループは、DNA配列が人間に似ている熱帯魚を用いた実験でレモンに多く含まれるエリオシトリンは中性脂肪を著明にに下げ、人の培養肝細胞でもミトコンドリアの生成を活発化し、脂肪の蓄積を抑制したと報告した。 広島大保健福祉学部を中心とする共同研究チームの調査研究(対象:中高年女性118名、2009年)では、レモン摂取量の多い人ほど、1)血圧は低く、2)脈波伝播速度(PWV)で評価した動脈硬化度は低く、3)肥満ホルモンのレプチン濃度は低く、4)長寿ホルモンのアディポネクチン濃度は高い、ことが明らかになったという。

 強い抗酸化力をもった黄色色素のエリオシトリンは、レモン果皮100g中に280mg、果汁100g中に12.1mg含まれ、他の柑橘類の30~100倍も多い。 レモンポリフェノールとも呼ばれ、皮にはは果汁の23倍も多く含まれる。 エリオシトリンの抗酸化力はビタミンCの約2倍とされ、特に脂質の酸化を強力に防ぎ、生活習慣病の予防効果を発揮する。 またビタミンCの含有量は、全果100g中100mg、果汁100g中50mgで、柑橘類の中ではトップクラスにあり、血管老化を防ぐとともにコラーゲン生成を促進したり、鉄の吸収を高めるのに役立つ。 酸味の主成分は、クエン酸で、酸濃度が6~7%と高いため生食は困難だが、クエン酸はエネルギー源となるとともに、Caの吸収を促進する作用をもつので高齢期に多い骨粗しょう症の予防に役立つ。 紅茶に輪切りのレモンを浮かべると独特の香りを楽しめるが、これは皮に含まれるリモネンやシトラールによる。 アロマによるリラクセーション作用により、ストレス緩和に有用である。 ケーキやパイの素材としても利用価値が高い。 レモンの皮を下して粉末にし、歯ブラシにつけて歯磨きし続けると漂白効果で歯が白くなり、つやが出て口臭も消えるとされる。 また利用後に残ったレモンで、肉や魚を切った包丁やまな板や手をこすると、特有の匂いを消すことができる。

 生活習慣病対策として、さらに酸化ストレスによる老化の遅延対策として、多くの有益物質を含んだレモンを有効利用したいものである。


    レモンかけ一味違うカレーかな       中島澄夫
    れもん滴り夜に触れし香を昇らしむ     櫛原希伊子
夜々の星檸檬をしぼりながらえて      三谷 昭

スカイラインコース
八方尾根スキー場スカイラインコース(2014.2.23撮影)  
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR