サヨナラ2013年、そして最後に「利休にたずねよ」

 まだ積雪はないが、例年になく厳寒の年末である。 休みを利用して、映画「利休にたずねよ」を観た。 茶聖とまで称えられ、崇高なまでに研ぎ澄まされた美意識美の本質に迫る千利休の魂を、究極の愛をテーマにうたい上げた傑作であった。 利休が実際に使った茶の名器も登場し、本物志向の映画でもある。 この映画で利休が70歳にして、秀吉の命で切腹を選んだ心の軌跡がわかった気がした。

 映画は山本兼一による同名の歴史小説「利休にたずねよ」を映画化したもので、小説は第140回直木賞受賞作である。 

 主演は歌舞伎俳優の市川海老蔵で、見事に人間・利休を演じ切り、利休を蔭ながら見守る妻・宗恩を演技派女優の中谷美紀が演じる。 日本文化の一つである茶道の奥義を、観る人に感じさせる描写は素晴らしいの一語であった。 利休を取り巻く脇役を多くの演技派俳優が固めて人間・利休を際立たせている。 高麗の女を演じるクララの迫真の演技が、ひときわ光る。 映画の最後は、宗恩の「最後に私がおたずねしたかったのは・・・・・」であり、映画全体に深みを与えている。 日本映画史に残る名作の一つといってよいだろう。 

 さて、今日は大みそか、2013年も終わり、明日から新年である。 来る2014年が、多くの人にとって良い年になるよう願いたい。 私の新年はというと、志賀高原のスキー場で迎えるのが恒例である。 今年も元旦から4日間、孫たちも一緒の家族スキーである。 皆さんもそれぞれに、よいお正月をお迎えください。  



   初日受く大きく一歩踏み出して     神蔵 器
   処女雪を飛ばし飛ばして初滑り     中島 葵
   噴煙を小出しに晴れの雪浅間     槫沼けい一
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR