冬季における空気乾燥の人体への影響

 今朝起きて庭に出たら、雨水を集めるために置いているバケツの水に氷が張っており、思わず見る今冬の初氷であった。 暦の上では、小雪も過ぎており、寒波の到来とともに空気が乾燥し、湿度が50%を切る日もみられるこの頃である。 冬場には湿度が30%以下となる日もあり、エアコンやストーブで暖房すると20%以下となる日もあるので、湿度管理には注意したいと思う。

 日本のオフィスにおける湿度基準は、ビル管理法(のべ面積3000平方メートル以上の大型ビルに適用)で規定され、相対湿度40~70%である。 また労働安全衛生法(事務所衛生基準規則:大型ビル以外のすべての事務所に適用)では、作業環境測定としてCO,CO2,室温、外気温、および相対湿度の定期的測定を行うよう規定し、相対湿度が40~70%となるよう努めることを義務づけている。 低湿度の人体への影響を3点セットで考えてみたい。

 まず第1は、冬季に世界的に流行するインフルエンザウイルスの問題である。 インフルエンザウイルスは、湿度50%で約半分が死滅し、湿度60%で約80%が死滅するが、湿度20~35%では、一気に活性化し伝播しやすくなる。 予防にはワクチン接種や、うがい、手洗い、マスクの着用などの励行も大切だが、室内では湿度計を置き、湿度管理にも注意したい。

 第2は、乾燥肌の問題である。 「老化とは乾燥の過程である」ともいわれ、加齢とともに特に皮膚の皮脂腺が萎縮し、皮脂分泌量が減少するとともにセラミドやNMF(自然保湿因子)の低下も手伝い、表皮の水分が蒸発して、皮膚はカサカサ、唇はゴワゴワとなって乾燥肌となる。 皮脂腺は男性ホルモン支配であり、男性ホルモンの少ない女性では、皮脂分泌量が男性より少ないので同じ年齢なら女性のほうが乾燥肌になりやすい。 皮膚が乾燥すると、肌荒れや小じわの原因となり、知覚神経が刺激されてかゆみの原因ともなる。 ひっかくと湿疹や炎症を起こし、高齢者では難治化しやすい。

 ヒトの肌に適した湿度は、60~70%であり、湿度が60%以下になると乾燥肌となりやすい。11月から4月の東京における月別の平均湿度をみると、2月の46%を最低に、全て60%以下であり、この時期には湿度管理が重要となり、皮膚の保湿ケアにも配慮が必要となる。 皮膚のトラブルを起こす前に、白色ワセリン、尿素クリーム、ソフティ保護オイルなど市販の保湿剤を上手に使って皮膚の乾燥を防ぎたい。

 第3は、ドライアイ(角膜乾燥症)の問題である。 ドライアイ(Dry eye)はパソコンやスマートフォンの普及とともに、近年先進国で急激に増えている現代病であり、日本でも推定患者数は2200万人いるとされる。 目の違和感や疲労感で始まり、目がヒリヒリする、目がかすむ、視力はいいのに見ずらい、などの症状が出る。 原因は複合的で、空気の乾燥、大気汚染、PCやTVの凝視で瞬きが少ない、涙量と質の低下、コンタクトレンズの長期使用など多彩だが、要は目を乾かさない工夫が必要である。点眼薬を使う場合は防腐剤の入っていないものがよい。 

 冬季には湿度が低下しやすく、人体への影響も少なくないので、加湿器などを上手に使い、湿度管理に気を配りたいものである。


  暖房や生徒の眠り浅からず          村上沙央
  焚くほどに風がもて来る落ち葉かな      良寛
  頬杖の風邪かしら淋しいだけかしら      池田澄子  

 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR