やけど虫による線状皮膚炎に注意しよう

 夏は蚊をはじめ、ダニやゴキブリなど害虫が活発に動き回るので注意を必要とする季節だ。 今年の夏は特にアリに似たハネカクシ科の「やけど虫」による皮膚炎の被害が増えている。 

 やけど虫(火傷虫)は、「アオバアリガタハネカクシ」(青羽・蟻形・羽隠)の俗名で、日本全土の分布し、6~8月に最も多く発生する。 成虫の体長は約7mmで、頭と尾は黒く体はオレンジ色で、網戸を通り抜ける細さである。 「ハネカクシ」の名前があるように、胸の部分に目立たないがコンパクトに折りたたまれた羽があり、飛ぶことができる。 食性は肉食を基調とするが雑食性で果肉も食べる。 体液に「ペデリン」(Pederin)という毒素をもっており、指でつぶしたり、刺激して刺されたりした時は勿論、触っただけで分泌された体液が皮膚に付着し、「線状皮膚炎」を起こす。 「ペデリン」は水疱を発生させる毒性アミドの一つであり、ハネカクシ科ペデウス属の甲虫の血リンパに存在する。 体液が目に入ると失明する危険もあるというから厄介だ。

 やけど虫に接触して、線状に赤く腫れてミミズ腫れとなり、水疱をつくる症状が、やけどに似ていることから、やけど虫という俗名がついたとされる。 田畑や池、沼、川岸など湿地の草原に生息し、走光性があるので、夜の電灯めがけて飛来し、網戸をくくりぬけて屋内に入り込むこともある。 空飛ぶ「大きいアリ」を見たら、それは「やけど虫」というわけだ。 

 一度でも「やけど虫」を見つけたら夜は窓を閉めて家の中へ入るのを防ぎ、目の前にいる場合は指で潰さず、セロテープでつまんで外に出すか、ハンカチで包み取って外に出すか、あるいは市販の蟻退治用のエアゾール剤など殺虫剤で駆除するのがよい。 死骸にも有毒のペデリンがあるので素手で片付けてはならない。 ティシュを2枚重ねにして摘んで処理するのがよい。

 万が一、接触してしまった場合には、直ちに接触部の皮膚を流水で洗い流す。 体液付着後、約2時間でかゆみと発赤を生じるので、早目にステロイド軟膏で治療する。 多くは7~10日で治るが、治療が遅れて重症化すると傷痕を残すことになるので注意が必要だ。 

 今後2週間は猛暑が続くと予想されている。 夏場は、増える害虫に注意しながら生活したい。

 夜の蚊やおれが油断を笑ふらん       小林一茶
 蚊の声に馴てすやすや寝る子かな      小林一茶
 叩かれて昼の蚊を吐く木魚かな       夏目漱石
 鳴きもせでぐさと刺す蚊や田原坂      夏目漱石
 蚊を叩く血塗りの皮膚をいたわりつ     中島澄夫 

 

   
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR