新しい農業のスタイル、「スマートアグリ」ヘの期待

 TTP(環太平洋経済提携協定)への日本の初参加を契機に全国的に農業への関心が高まっている。 関税が撤廃されると、安い農作物が海外から大量に入り、専業農家の経営を圧迫することが懸念されるためだ。 これを打開する一法がスマートアグリ(SmartAgri : Smart Agriculture, 賢い農業)である。
 
 スマートアグリでは、作物の栽培管理を農家ではなくコンピュータが行う。 作物に最適な温度、湿度、肥料などをセンサーネットワークと連携して自動化し、省エネで再生エネルギーを利用しながら育成を管理する。 これは、いわば「植物工場」による省エネ型の次世代農業であり、生産効率が格段に高く、農業に新たな産業革命をもたらす技術として、今や注目の的である。

 スマートアグリの先進国はオランダである。 オランダの国土面積は日本の50分の1で、九州くらいの面積にもかかわらず農業輸出は680億ドルに達し、米国に次ぐ規模で、日本の約30倍に相当する。 オランダの農業人口は43万人で、日本の305万人に対し、7分に1にすぎないのにである。 驚くべき実績である。 超巨大ハウスの中は完全IT化されており、植物にとって最高の環境を維持し、高品質の作物を効率よく栽培する。 害虫は繁殖する前に天敵の益虫を放ち、農薬を使わずに駆除するという。

 農作物を順調に育てるためには、生育状況を常に見て回り、日照り具合、水分量、肥料のチェック、病気や虫害を見ながら農薬を適切に与えるなどの細かいマネジメントを欠かせない。 収穫のタイミングを含めて、従来は栽培者の経験と勘で判断していたものを高度に自動化された技術を用いて作業工程をIT化し、生産効率を一気に上げて国際競争力を高める試みがスマートアグリである。

 元々はオランダの農家が独自で始めた農業のIT化を、国が国策として後押しして広がったとされる。 日本も復興政策の一つとして注目しつつあり、いくつかの試みが進行しつつあるようだ。 日本の農業経営者は、「農作物が安い」とボヤクのではなく、スマートアグリを実践し、自己改革をはかるべき時代を迎えているように思う。 国もこれを国策として積極的に支援すべきだ。


   抱えたるキャベツが海の香を放つ        岩淵喜代子
   色付けばカラスの気配ミニトマト          中島澄夫
   赤トマト畑の色を集めけり             中島澄夫

 
スポンサーサイト

コメント

No title

確かに自然相手の農業は大変ですから
安定した作物作りは大事ですよね。

家の狭い庭に植えてる野菜たちも害虫や肥料不足で
まともに育ちません^^:

Re: No title

>> 家の狭い庭に植えてる野菜たちも害虫や肥料不足で
> まともに育ちません^^:

小規模でもビニールハウスを作って育てると、害虫や鳥害は、大部分防げそうですが、IT化は無理なので、それなりの苦労が付きまとうと思います。 
Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR