作物の害虫、ナメクジの正体

 梅雨に入り曇天と雨の多い季節である。  庭のブルーベリーが熟し始め、これを知ったヒヨドリが狙って飛び交うこの頃である。 春から夏にかけて畑や家の周りで活発に動き回り、苗や作物に重大な被害を与える動物に夜行性のナメクジ(slug:蛞蝓)がある。 雨の日には紫外線にさらされる心配がないので、日中でも活躍し餌を求めて動き回る。 好物はキャベツ、白菜、ニンジン、キュウリ、トマト、落ち葉などで、春先にはやわらかい苗の茎をやすりの様な歯で削り切ってしまう力を持つので、農家や園芸家にとっては厄介者である。 足の前方から粘液を出して歩くので、移動した後には粘液の筋を残し、その存在を知ることができる。

 ナメクジは貝の一種で、「かたつむり」から分化し、殻が退化してナメクジになったとされる。 ナメクジとカタツムリは共に雌雄同体で、1匹がオスとメスの両方の生殖器を目の近くの頭部に持ち、精子と卵子の両方を持っている。 2匹がすれ違うようにして交尾すると、両方が卵を産む。 一度に20~40個の卵を頭部から出して産み付ける。 春と秋の産卵が多い。 約1か月で孵化するので、繁殖力は抜群である。成虫の体長は5~6cmで触角が2本あり、体表は粘液で覆われている。 寿命は2~3年と言われており、冬は土中で冬眠する。 昔はナメクジを食べる民間療法があったらしいが、しばしば線虫が寄生するので、生で食べるのは危険とされる。

 ナメクジの退治には家の周りの場合は、飲み残しのビールを小さなプラスチック容器に入れて居そうな場所に夜出して置くと、ナメクジが大好きなビールの中に入り飲んで死ぬのを利用すると便利である。 ビールの中にナメトールなどの殺ナメクジ剤を入れるのもよい。 「ナメクジに塩」ということわざがあるように、塩をかければ浸透圧で脱水して死ぬ運命にある。 畑では粒状の殺ナメクジ剤や駆除剤を必要に応じて撒き退治するが、完全退治は難しい。 

 
 南アフリカには体長20cmを超える巨大ナメクジが棲息すると言うが、最近のニュースによると体長10~15cmにも及ぶ大型の外来種ナメクジが日本で繁殖し始めているとされ、すでに福島、茨城、長野の3県で確認されているという。 体表は豹柄で迫力もあるらしい。 繁殖の封じ込め作戦が成功し、全国的な分布にならないよう願いたいものだ。

  蛞蝓といふ字どこやら動き出す      後藤比奈夫
  キャベツ採るねばる蛞蝓今日も居て   中島澄夫
 
スポンサーサイト

コメント

No title

家の小さな畑にもナメクジが沢山います、にんじんなんか
直ぐ食べられてしまいますね^^:

ビールに寄って来るのは知りませんでした、
早速遣ってみます、ありがとうございました。

Re: No title

> ビールに寄って来るのは知りませんでした、

 ナメクジがなぜビールを好むのかの理由はよくわかっていないようですが、キノコ用などのプラスチック容器に1.5~2cm位の深さで入れておき、朝覗くと中で多くのナメクジが溺死しているのを発見します。 ビール酵母と麦芽の香りに惹きつけられて寄ってくるらしいです。
Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR