ダイエット成功のカギは血中ビタミンD濃度

 ビタミンDの主作用は小腸や腎臓でカルシウムの吸収や再吸収を促進することによって骨や筋肉を強化することであり、不足すると小児ではくる病、成人では骨軟化症、骨粗鬆症を起こすことは多くの人が知っている。 だがその古典的な作用とは別に、近年様々な生理作用が明らかになりつつあり、認知症ガンの予防効果、カゼ・インフルエンザなど感染症の予防筋力増強肥満予防などにも役立つことが明らかにされて注目されつつあるのだ。

 カナダのラバル大学医学部のTremblay,A.らは、血中ビタミンD濃度を上げるとダイエット効果が倍増することを明らかにした{Brit. J. Nutr. 2009:14:101:659-63}。 研究によると、肥満女性63人(体格指数32、平均年齢43歳)に対し、200IUのビタミンDと600mgのカルシウムを1日2回投与し、このビタミンD・Ca群と偽薬を投与したプラシーボ(偽薬)群において、1日690Kcal減の食事制限プログラムを15週間行い比較した。ビタミンD・Ca群では体重5・8Kg減少、体脂肪4.7Kg減少だったのに対し、対照の偽薬群では体重1.4Kg減少、体脂肪1.2Kg減少であり、体重減で4.1倍、体脂肪減で3.9倍の効果を示した。

 また別の最近の研究では、20歳代の肥満女性23人に、1日500mgのカルシウムと、10人には1日100μg(4000IU)のビタミンDサプリメントを、13人にはビタミンDの入っていない錠剤を12週間飲んで、運動を実施したところ、ビタミンD入りを飲んだグループでは血中ビタミンD量が著明に増加し、血中ビタミンD量が多くなった人ほどウェスト・ヒップ比が減少し、ダイエット効果が大きかった{Clin. Nutr.:S0261-5614(12)0018-1,2012}。

 ビタミンDは魚油に多く含まれる脂溶性ビタミンである。 日焼け止めクリームなしで太陽光に当たると、必要量のほぼ半分は皮膚で光化学的にコレステロールから生合成できるビタミンでもある。 ガラス越しの日光は無効である。 主として皮膚表皮の有棘細胞層と基底細胞層で生成される。 厚労省の食事摂取基準では目安量として5μg(200IU)/日、許容上限値として50μg(2000IU/日を推奨している。 米国摂取基準は10μg(400IU)/日である。 米国では乳脂肪分の調整を行った牛乳にビタミンAとDの添加を義務付けている州が多い。 また、米国では日本で主流の「成分無調整」牛乳はほとんど存在せず、普通牛乳は脂肪分が年間を通して3.25%に調整され、ビタミンAやDが添加されているものが中心である。 有効血中濃度を適正維持するためには食事からの摂取だけでなく、適度な日光浴も必要である。 肝臓と腎臓で活性化されるので、肝障害腎不全の人では不足しやすく、補充が必要となる。 

 食品では、きくらげ(乾)、しらす干し、いわし、にしん、いくら、紅鮭、さんま、煮干しなどにビタミンDは多く含まれる。 健康維持には30ng/ml以上の血中濃度を保つことが望ましいとされるので、不足しないよう心がけたいものだ。

     四月馬鹿病めど喰わねど痩せられず       加藤知世子
     春の風和風の香りダイエット            中島澄夫
     まり投げて見たき広場や春の草          正岡子規

スポンサーサイト

コメント

No title

オオ-!!w(゚o゚*)wサプリメントが簡単にビタミンとか
カルシュウムがとれて楽ですね。

でもやはり、新鮮な野菜と魚,それと散歩が
一番のような気がします^^

ヒッポファエ果実

ヒッポファエが北海道で栽培され始めました。最も不飽和脂肪酸Ω7を含むロシア種です。果実を野菜とスムージーにして飲んでいますが血糖値、肝機能改善効果があります。果汁は脂質分が多いので油層が分離します。これから日本で楽しみな果実が北海道にありますよ。

Re: No title

> でもやはり、新鮮な野菜と魚,それと散歩が
> 一番のような気がします^^

健康3原則の食事、運動、睡眠のあり方をよく考えて、自分にふさわしい良い生活習慣を身につけたいものです。 「基本の上に小さな工夫を加える」のが基本かと・・・・・

Re: ヒッポファエ果実

> ヒッポファエが北海道で栽培され始めました。これから日本で楽しみな果実が北海道にありますよ。

 始めて耳にした果実です。 遠からず口にできるのを楽しみにしたいです (^◇^)
Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR