[ スギ花粉+PM2.5+セシウム ] 粒子の飛散季節へ

2月も下旬入りでいよいよ本格的な花粉シーズンの到来である。  花粉症の人には受難の季節だ。 今年はスギ花粉の飛散と中国からの大気汚染物質PM2.5の飛来とが時期的に重なり、健康被害の拡大が懸念される。 

 昨年はスギやヒノキの花芽が育つ7~8月の日照時間が長く、気温も高かったため、今年の花粉飛散量は関東、東海地方を中心に目立って多く、昨年の2~6倍となる地域も多い。 愛知県でも昨年の6倍とされている。この春は避暑旅行ならぬ避粉旅行がはやりそうで、スギ林の少ない北海道、沖縄、九州の離島の一部などでは、官民を挙げて「避粉の旅」を企画して売り込みを始めているようだ。

 大気中に浮遊する粒子状物質(Particulate matter、PM)は、普通直径が10μm以下の粒子だが、このうち粒子の直径が2.5μm以下の比較的小さなものを微小粒子状物質(PM2.5)と呼んでいる。 これは粒径が小さいため呼吸に伴い肺の奥深くまで入りやすく、血管内にも移行しやすいので、多量に吸い込むと不整脈喘息肺ガンなどの発症を促し、死亡率を高めることが分かっている。  米国ガン協会の調査(2002年)によると、PM2.5が1立方メートル当たり10μg増えると、心臓や肺の病気による死亡率は9%、肺がん死亡率は14%増え、全死亡率は6%増えるとされる。   日本の環境基準は年平均値15μg/m以下、かつ1日平均値35μg/m以下と規定しているが、世界保健機関(WHO)は25μg/m未満を推奨している。

 隣国の中国では、車の排気ガス、工場のばい煙、建設現場の粉塵などに由来するPM2.5による大気汚染が深刻化しており、北京市をはじめ河北省、江蘇省などで呼吸器疾患患者が急増していると言われる。 状況は1960年から1970年頃の日本の四日市市に似ている。 大気清浄化は喫緊の課題である。

 2月以降、中国からの偏西風が北寄りになる影響で大量のPM2.5が風に乗って日本に飛来する可能性があり、すでに九州を中心に西日本への影響が出始めている。環境省は、PM2.5の観測地点を現在の約550か所から1300か所に増やし、監視体制を強化するとしている。 風向きでPM2.5濃度が高い日には外出や換気を控えるよう警告する方針を決めた。

 PM2.5とスギ花粉が合体すると、PM2.5が分割されて、PM1.0というさらに小さな粒子に変化する可能性も指摘されており、これはいわば花粉の凶暴化といってもよい。 また林野庁調査によれば、今年度におけるスギ花粉(スギ雄花)の放射性セシウム濃度は、平成23年度の1/3に減少しているとされるが、今年度の花粉飛散量は昨年の2~6倍に増えると予想され、放射性セシウムも無視はできないようだ。 この春、避粉への無関心は寿命を縮めることになるかもしれない。 外出時のマスク着用を心がけたいものだ。

  口あけて鯉は悠々花粉症        木下一昭
  花粉症人事企つ男にも          能村研三
  千年の杉の花粉を浴び詣づ       滝 峻石
  杉葉焼く烟や春の高曇り         岩本和行
スポンサーサイト

コメント

No title

春は 嬉しいですが、花粉は嫌ですね、
私は 有難い事に鈍感でくしゃみは出ませんが
そちらのほうが心配ですね、
大気汚染を全て吸い込むわけですので…

外出時のマスク着用は必要なようですね^^:

Re: マスク着用

> 春は 嬉しいですが、花粉は嫌ですね、

 今年の花粉は特別のようですから、意識して対処したいですね。
> 私は 有難い事に鈍感でくしゃみは出ませんが
> そちらのほうが心配ですね、
> 大気汚染を全て吸い込むわけですので…
>
 大気汚染は一国の問題だけではない時代になってきました。地球規模で考える必要性が高くなりました。                  


 
> 外出時のマスク着用は必要なようですね^^:

No title

  いつも求めているものをブログにしていただき、ありがとうございます。

今年の花粉は中国からの汚染物質が加わり、微粒子に変化するとは本当に怖いですね。愛知県にも多く飛ぶのですね。
 
通常のマスクでもある程度は予防できるのでしょうか。微粒子を通さないマスクが必要なのですね。簡単に手に入るのでしょうか。家の中は,洗濯ものは、考えたら頭が痛くなります。

Re: PM2.5対策マスク

> 通常のマスクでもある程度は予防できるのでしょうか。微粒子を通さないマスクが必要なのですね。簡単に手に入るのでしょうか。家の中は,洗濯ものは、考えたら頭が痛くなります。

 PM2.5対策(世界基準)マスクとしては、米国N95規格マスクがあり、これはPM2.5より細かい
 0.3μmの粒子を95%捕集可能とされています。 通常のマスクでは10μm以上の花粉にはある程度有効 ですが、PM2.5対応には、N95規格マスクを選ぶ必要があります。 市販されています。ネットでも購 入できるようです。

No title

花粉症もないのでマスクを着用する習慣がないのですが・・・
大気汚染は心配ですね。
マスクをしようと思いました。

N95規格・・・覚えておきます!!!

Re: No title

> 大気汚染は心配ですね。
> マスクをしようと思いました。
> 職場旅行で、しばらく留守にしており、返信が遅れて申し訳ありません。台湾へ行ってきました。
マスクの効果は限定的ですが、目的に合わせて選べばそれなりの効果はあるはずです。着用したマスクには手で触らない注意も必要だと思います。
> N95規格・・・覚えておきます!!!

 マスクは大別して、不織布製(飛沫物用)、N95(飛沫核物用)、ナノフィルター(ウイルス用)の3種類に分けることができます。購入するときは性能を確認して手に入れたいものです。
Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR