ピロリ菌退治で胃ガンの撲滅を

 平成20年の患者調査によると、日本における部位別ガン患者数で第1位は大腸ガン、第2位は胃ガンであり、我が国は依然として胃ガン多発国である。 胃の粘膜に感染し胃ガンなどを引き起こすピロリ菌(Helicobacter pylori)の除菌療法は、これまで保険診療では胃潰瘍と十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少症、早期胃ガンの内視鏡的粘膜下層剥離術後だけにしか認められていなかったが、本年1月31日の厚労省専門部会は慢性胃炎にも保険適用する方針を決定し、ピロリ菌感染と胃カメラによる胃炎の確認があれば慢性胃炎でも除菌療法を保険で実施できることになった。

 ピロリ菌は胃のみに生息する直径0.5μm、長さ2.5~5μmのらせん型をした細菌で、4~8本の鞭毛をもち移動できる。細胞空胞化毒素(VacA)とサイトトキシン関連蛋白(CagA)の2種類の毒素蛋白質を産生する。 日本人の約半数(6千万人)が感染者で、近年、若い世代では減っているが、特に60歳以上に感染率が高く、この年齢層の感染率は60~70%と高率で健康保菌者も多い。ピロリ菌感染者で除菌しない場合の胃ガン発症率は年率0.7%であるが、除菌すると年率0.23%と下がり、発生率を3分の1に抑制できることが分かっている。 ピロリ菌除菌に成功して1年後の再感染率は、日本では約1%と低いが、ラテンアメリカ7か国では最近の調査で11.5%と報告されている。 ピロリ菌は胃ガン発症の必要条件とされ、胃ガン患者でピロリ菌陰性は極めてまれ(1%)である。 EBウイルス関連胃ガンが少数ある。 ピロリ菌非感染者は、胃ガンにはならないといえる。 除菌療法(7日間の内服治療)と感染予防の普及が望まれる。

 ピロリ菌には東アジア型(強毒株)と西欧型(弱毒株)の2種類があり、日本などに蔓延する東アジア型はより強い毒性のCagAをもつ。 ピロリ菌は小さな針を胃粘膜上皮細胞に刺しCagAを注入する。 CagAはIL-8の誘導や細胞増殖を促し胃発癌に関与する。かくして強毒株の感染は胃がんの発症リスクを高める。 1994年、世界保健機関(WHO)の国際ガン研究機関(IACR)は、ピロリ菌を最高ランクの「最も危険な発ガン要因」と分類した。

 ひとたび経口感染でピロリ菌に感染すると、持続感染となり慢性胃炎を経て胃粘膜は萎縮する。萎縮が進むほど胃ガン発症リスクは高くなる。萎縮の程度は血液中のペプシノーゲンⅠ(基準値:70ng/ml以上)の測定で判断でき、萎縮が起こる前に除菌した方がガン予防効果は高くなる。

 ピロリ菌の感染、増殖に対し抑制効果を示す食品として、スルフォラファンを含むブロッコリーの新芽、リグナンを含む梅、LG21乳酸菌、ヨーグルト、緑茶カテキン、ワサビ、生姜、ニンニク、アブラナ科野菜に含まれるイソチオシアネートなどがある。 我々は日常生活習慣の中でこれらをバランスよく摂取し、胃がん予防に役立てたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

No title

ピロリ菌は身近でよく耳にしますねぇ、
会社の健康診断では一度も検査した事が無いので
一度調べてもらうと 安心でしょうね、

野菜や 乳酸食品は良く食ベてはいますが。

Re: ピロリ菌検査

> 会社の健康診断では一度も検査した事が無いので
> 一度調べてもらうと 安心でしょうね、
 検査は内視鏡(胃カメラ)を使う方法と、これを使わない方法に2大別され、後者には、検便(ピロリ菌抗原を調べる)、尿素呼気試験(呼気の二酸化炭素濃度を調べる)、血液又は尿中のピロリ菌抗体を調べる)などがあり、私は検便を勧めます。日本人なら一度はやっておくべき検査だと思います。
>
> 野菜や 乳酸食品は良く食ベてはいますが。
 これからも続けて下さい。 免疫力アップにつながります。

No title


  数年前ピロリ菌の検査をしました。結果は陽性で、除菌をして陰性
 になりますたが、この検査は時々行う必要があるのでしょいか。

 

Re: 除菌後の再感染について

>   数年前ピロリ菌の検査をしました。結果は陽性で、除菌をして陰性
>  になりますたが、この検査は時々行う必要があるのでしょいか。

>  時々行う必要はないです。 除菌に成功したと判定された場合でも、実際には
  少数残っている場合があり、また1年後の検査で再感染を証明する率は約1%となっているので、
  再感染は極めて少ないですが、念のためもう一度検査を受けられたら万全です。
>  
Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR