自宅浴槽で水死する高齢者が増加 : 原因はヒートショック

 福岡県の発表によると、今年11月に自宅の浴槽で水死した65歳以上の高齢者が70人に達し、前年同月比で31人増加し、1.8倍に増加したという。

 寒さが厳しくなる11月から3月にかけての冬季には暖房が利いた居間から、寒い脱衣場へ移動し衣服を脱ぐと、全身の血管が収縮して血圧が上がり、そのまま急いで熱い湯に入ると、今度は血管が急に拡張し血圧が下がって脳の血流が急に減るため意識を失って浴槽内で溺れてそのまま水死してしまう事例が増加する。 このような急激な温度変化により人体が受ける影響や衝撃をヒートショック(heat shock)と呼び、脳貧血、不整脈、急性心筋梗塞、脳梗塞などを起こしやすくなる。 ヒートショックは最近では高齢者の家庭内事故原因のっトップを占め、高齢者が家で突然死する原因の約1/4を占めている。 

 ヒートショックによる全国の年間死亡者数は1.5~2万人と推定されて溺死と病死が含まれ、年間交通事故死亡者数(平成23年は4611人)の3~4倍も多い。

 入浴中の突然死は外国では比較的少なく、日本の高齢者に多いのが特徴である。欧米ではシャワー浴が主流であるのに対し、日本では湯船に肩までつかる全身浴が主流で、ヒートショックを起こしやすい入浴習慣を持つためである。

 ヒートショックを予防するためには、1)入浴時にはあらかじめ脱衣場や浴室を暖めておく、2)湯温を38~40℃とややぬるめにする、3)食事直後や飲酒直後の入浴は避ける、4)入浴前後にコップ一杯の水を飲む、5)湯船から出るときは、ゆっくり立ち上がる、などが役立つ。

 飲酒でアルコールが血液中に入ると、血管が拡張し血圧は一時的に下がり、頻脈となるので飲酒後1時間は入浴を避けた方が良い 。ただし毎日の大量飲酒習慣は基礎血圧を上昇させ、高血圧の原因となるので注意したい。

 入浴時のヒートショックによる突然死は高齢者に多いが、若い人でも高血圧の人は同じような注意が必要だ。

寒牡丹1028
名古屋市徳川園の冬牡丹
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 寒い中3人展に 来ていただいて本当にありがとうございました
素敵な絵をナマデ見ることができてとてもよかったです。更なる活躍を期待しています。

> 3日ほど前から風邪気味でブログUPがやっとでした^^:
> 各種ウイルスによる普通感冒、インフルエンザ(A香港型)、ノロウイルス新型による感染性胃腸炎  などの感染症が流行シーズンに入ったようですので、気をつけたいですね。 脱水にも注意を。

> 会場から帰って夜お風呂に入るとウトウトしてこのブログ記事みたいになりそうでした(笑
 入浴死は安楽死に近いかも知れませんが、突然死はやはり避けるべきかと・・・・・
Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR