高速道路の逆走と高齢者の運転免許証

 今月11日に静岡県の東名高速道路で沼津インターチェンジ付近を91歳の男性が2歳年下の妻を同乗させ、約13キロ逆走し、通報でパトカーが出動し停止させられる事件があった。 事情聴取に対し、男性は「ドライブしていた、なぜ高速道路を走っていたのかわからない」と答えたという。

 今年は運転免許証を自主的に返納する高齢者が急増し、1~6月までの半年間で、前年返納数の80%を超えたという。 警察庁によると本年1~6月の自主的返納数は、約5万9700件で、2011年は7万2700件で、上半期だけで2011年の約82%に達しているという。過去10年間で返納者の約90%は65歳以上の高齢者で占められていることから、今年も大部分が高齢者による返納と思われる。

 返納者が急増している理由の一つに、返納の際に発行される「運転経歴証明書」が今年4月から生涯有効となったことがあるようだ。3月までは発行されても有効期間が6カ月と短く、再発行も不可能であった。この証明書は銀行の口座開設や携帯電話を購入する際に公的な身分証明書として使え、人気が高い。運転免許証がなくても、高齢者が生活するのに大きな不利を蒙ることがないよう支援策を積極的に進める必要があると思う。

 70歳以上の高齢者が運転免許証の更新を希望する場合、「高齢者講習・シニア運転者講習・チャレンジ講習 + 特定任意運転者講習(簡易講習)」のいずれかを受講する必要がある。また75歳以上は講習予備検査の受検が必要で、これにより認知機能レベルが判定され、「著しく低下していると判定され、更新期間満了日前1年以内に一定の違反歴(信号無視、通行区分違反、交差点優先車妨害、徐行場所違反など)がある場合は、医師による専門的な臨時適性検査を受けねばならず、その検査で「認知症」と診断されれば原則として免許証は取り消しとなる。

 さて、ヒトは長生きすると、いずれ運転免許証を、遅かれ早かれ、手放す時期を迎えることになる。では具体的にいつ手放すかとなると、人それぞれで生活状況が異なり難しい決断ではある。しかし、こればかりは各自、正しく判断したいものだ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR