世界一細い注射針の誕生

 注射時の痛みは軽いほどよい。 痛くない注射針があればもっとよい。 注射時の痛みの軽減を多角的に追求した結果、世界で最も細い注射針が開発され、2012年9月3日、日本の医療機器メーカー「テルモ」(東京)より国内向けに発売された。 今秋よりドイツ、イタリアで発売を開始し、順次欧州で拡販する予定という。

 人間の皮膚の痛点は1cm2当たり100~200個存在するので、これを避けるためにはできるだけ細い針が求められる。 実現には極細でも薬液の注入しやすさと耐久性を維持する高い設計技術と生産技術が必要で、大きな壁を乗り越えねばならない。 

 新たに開発された注射針は「ナノパスニードルⅡ」34Gで、ステンレス板を筒状に丸めて成形し、薬剤を抵抗なく注入できるよう外径、内径とも根元で太く、先端へ行くほど細くなるダブルテーパー構造を採用し、先端の直径は0.18mmである。先端が皮膚に入りやすくするためアシムメトリーエッジ(非対称刃面構造)を採用し、針を突き刺すのではなく、日本刀の切り先のような鋭い刃先で小さく切るよう加工されている。

 テルモは2005年に「痛くない注射針」として、当時「世界で一番細い注射針」直径0.2mmの「ナノパスニードル」33Gを発売したが、今回の新製品は従前品よりさらに10%細くすることに成功した。

 現在、高血糖のため毎日、インスリンを自己注射している糖尿病患者は日本で約100万人いるとされる。また数的にはそれほどではないものの、成長ホルモンやエピネフリンを自己注射する人もおり、これらの人々にとって、注射時の精神的および肉体的負担が軽くなるメリットは大きい。 技術立国、日本ならではの極細注射針の誕生であり、拍手を送りたい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR