「重陽の節句」を見直したい

 間もなく「重陽の節句」が来るが、現代人には忘れられつつある日である。 古代中国では奇数は縁起の良い陽の数とされ、奇数の中でも一番大きな数である9が重なる9月9日を、「重陽(ちょうよう)」として節句の一つとし、この日に菊花酒を飲んで邪気を払い不老長寿を願う風習があった。 これが平安時代に日本に伝わり宮中行事となり、江戸時代には武家の祝日となったとされる。重陽の節句は五節句の一つで、「菊の節句」ともいわれ、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わし邪気を払い、健康長寿を願う日であった。

 古代中国では菊は「千代見草(ちよみくさ)」、「齢草(よわいくさ)」、「翁草(おきなくさ)」などとも呼ばれ、邪気を払い長生きする効果があると信じられ縁起の良い花とされた。日本では菊は皇室の紋章となっており、観賞用のみならず薬用や食用もあり、各地で栽培が盛んである。菊は英語でChrysanthemum、学名に「日本」がついた Chrysanthemum   japonese は黄色の芯を白い花びらが囲む「ノジギク」のことである。牧野富太郎博士の命名という。

 我が国では、9月の第3月曜日が「敬老の日」である。日本独自の祝日であり、老人を敬愛し長寿を祝う日とされ、早くも県市町村のトップが百寿者を訪問する様子がTV報道され始めている。「敬老の日」と「重陽の節句」は主旨は同じであるが、歴史が違う。 「敬老の日」の始まりは昭和22年に提唱された兵庫県間谷村の「としよりの日」であり、農閑期の9月15日が選ばれた。その後全国的行事となり、昭和39年に「老人の日」と改称され、翌年に国民の祝日「敬老の日」が誕生した。 

 重陽の節句が現代になり廃れてしまったのは、旧歴から新暦になり、9月上旬は菊の開花には時期的に早すぎることが大きかったようだ。だが近年、栽培法が進歩して菊はいつでも手に入るようになった。

 健康長寿が従来にも増して重視される今日、日本の古き良き伝統の一つとも言える「重陽の節句」の意義を再考し、この機会に自らの生活習慣を見直し、健康増進の考えをより一層強化するきっかけとしたいものだ。

サバンナのインパラ   
 サバンナのインパラ(ケニア・マサイマラにて2012年夏撮影): インパラ(Impala)の平均寿命は12年、ジャンプ力に優れ、障害物を飛び越える時には、3mの高さまで上がり、ジャンプ幅は9mに達する。
スポンサーサイト

コメント

No title

( ´ー`)ノコンチャ♪
中国のお洒 洒落てますね
食用菊はおひたし 刺身のつまで
知っていますが お酒にも入れるんですか。

日本は だんだん節句とかが忘れられていくみたいで
テレビとかスーパーでやっと気づくていど…
時代が変わりつつあるんでしょうね

 インパラよく写れていますね プロカメラマンみたいですよ

Re: No title

> ( ´ー`)ノコンチャ♪
> 中国のお洒 洒落てますね
> 食用菊はおひたし 刺身のつまで
> 知っていますが お酒にも入れるんですか。
>
 菊酒、なんとなく風情がありますよね。9月30日は
 仲秋の名月、お団子とお酒が似合うようです (^◇^)

> 日本は だんだん節句とかが忘れられていくみたいで
> テレビとかスーパーでやっと気づくていど…
> 時代が変わりつつあるんでしょうね
>
>  インパラよく写れていますね プロカメラマンみたいですよ

 おほめいただき、ありがとうございます。 これからも面白い写真、
 よい写真を載せていきたいと思います。
Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR