ビューティフルレインとアルツハイマー型認知症

 現在、フジテレビ系列で若年性アルツハイマー型認知症をテーマにした日曜ドラマ「ビューティフルレイン」が放映され、2つの家族の娘役を芦田愛菜と中谷美紀が好演し、見ごたえあるヒューマンドラマとなっている。ドラマでは認知症にかかわる問題点を鋭く切り込む場面もあり、今後どんな展開を見せるか興味がわく。 

 厚労省は8月24日、全国の認知症患者数が2012年で305万人に達し、初めて300万人を突破したと発表した。2002年には149万人だったので、この10年間で2倍に増えたことになる。また65歳以上人口に限ると日本人の10人に1人が認知症を患っていることにもなる。 この病気の悲劇は進行すると、肉親の顔をみても誰だかわからなくなり、生き甲斐感が失われるという現実にある。 認知症は脳の病気であり、正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫など一部に治療で治るものもあるが、多くはアミロイドβという異常たんぱく質が脳に異常蓄積することが主な原因と考えられており、治癒させる薬物はまだ開発されていない。現在使われている薬物は神経伝達物質のアセチールコリンを増やす作用をもったドネペジル塩酸塩やグルタミン酸受容体拮抗薬のメマンチンなどであるが、いずれも進行を遅らせる程度の効果に限られる。変わりなければ効いているとされるわけだ。

 遺伝子型解析で、個人の体質を決めている一塩基多型(スニップ)を調べ、ApoEε4遺伝子型をもつ人は、アルツハイマー型認知症になるリスクが3倍高いといわれる。リスクが高い人は早期から予防対策を強化する必要があるようだ。

 最近、富山大学の研究グループはアルツハイマー病発症マウスを用いた実験で、山芋に含まれるジオスゲンを1日1回20日間投与すると、脳のアミロイドβを平均70%減少させ、変性した脳組織の修復と記憶力の改善に成功したと発表した。ただ山芋でジオスゲンの有効量を摂取するには1日10kg食べる必要があるという。 今後、ジオスゲンの大量生産に成功し、ヒトでの有効性が確認されれば、認知症治療は大きく前進することになる。 研究の発展を期待したいものである。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR