風邪をひきやすい人の条件

 寒い冬にはかぜインフルエンザなどのウイルス性感染症が増える。 予防には手洗いやうがいの励行、マスクの着用、適切な温度・湿度の管理などが有効だが、ほとんど同じ環境下で生活していても、かぜをよくひく人がいる一方で、ひかない人もいる。 

 神奈川保健福祉大学の研究グループ(柴田ら)が最近行った調査研究によると、かぜ罹患と生活習慣、中でも食事摂取習慣との間には密接な関係があることを明らかにできたという。

 調査対象は健診を受診した年齢40~79歳の地域住民約4万人で、かぜのひきやすさと日常生活習慣および採血検査結果との関連性を検討したものである。 かぜをひきやすい人(2.1%)は、睡眠時間が5時間以下と短く、飲酒習慣をもち、定期的な運動習慣をもたないことが判明した。 食事摂取習慣では、不規則かつ偏食する人がかぜをひきやすく、検査項目では、善玉コレステロール(HDL-C)が有意に低く、血清ALTが有意に高い人がかぜをひきやすくなっていたという。 また体格指数(BMI)では、23~24.9で最もひきにくかったとしている。 

 食事、運動、および睡眠を健康3原則と呼ぶが、これは風邪予防にも通用するようである。  

春寒や生姜湯かぶる風邪籠  臼田亞浪
投入に葱こそよけれ春寒き  渡邊水巴
かんばしく紅茶のたぎる余寒かな  日野草城

連鶴H30-2
冬ボタン:連鶴  (2018年2月11日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR