ナッツが心血管疾患を予防する

 米国ハーバード大学の研究グループは、このほど20万人超(年齢45~76歳)について、21~28年間に及ぶ3つの前向き調査研究の結果をまとめ、クルミやピーナッツなどのナッツを多く食べる人ほど心筋梗塞、脳卒中、心血管疾患の罹患リスクが減少すると発表した(Guasch-Ferre、et al. J Am Coll Cardiol 2017;70:2519-2532 ).。

 これによると、1週間に28gのナッツ類を5日以上摂取するグループは、ほとんど食べないグループに比べて脳血管疾患リスクが14%低下した。 クルミやピーナッツの摂取は、総心血管病リスクを13~19%低下させ、心臓冠動脈疾患を15~23%低下させたという。 

 ナッツは不飽和脂肪酸や食物繊維、ミネラル、ビタミン類を豊富に含む健康食品として、あるいは「天然の健康カプセル」として、日常の食生活に上手に取り入れることが賢明と言えるようだ。 ただ摂りすぎると、高エネルギー食となり、肥満の原因ともなりうるので、過剰摂取には注意したいと思う。

晴れし日の胡桃の落つる音と知る  中村汀女
秋風の吹けども青し栗の毬  松尾芭蕉
よろこべばしきりに落つる木の実かな  富安風生

菊と小虫
遅咲きの我が家の庭の菊と小虫  (2017年12月19日 撮影)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29145952
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR