FC2ブログ

肥満、糖尿病とがん

 世界の成人のうち肥満又は過体重(体格指数 25以上)の人は約20億人、糖尿病患者は約4億2500万人と推定され、ともに現在増加傾向が指摘されている。

 がんは正常な細胞の遺伝子に2~10個程度の傷がつくことにより発生するとされ、この遺伝子変異の積み重ねにより、がん細胞が完成して発がんする。 遺伝子変異を促す要因は、喫煙、飲酒、食塩過剰摂取、酸化ストレス、放射線、ピロリ菌・ウイルス感染、運動不足など多彩だが、最近イギリスの研究グループ(Pearson-Stuttardら)が、世界がん統計のデータを解析した結果、がんの新規患者の約6%は肥満と糖尿病が原因となっていることが判明したと、Lancet Diabetes & Endocrinology 誌に発表した。

 がんの部位別で特に肥満と糖尿病がリスク要因として高かったのは、肝臓がんと子宮がんであった。 また肥満のみが原因のがんは、糖尿病のみが原因のがんの約2倍であったという。 

 肥満と2型糖尿病はいずれも生活習慣を改善することによって解消を期待できる病態である。 しかし、ひとたび肥満や糖尿病を発症すると、よほどの実行力と強い意志がない限り、元に戻すのが難しい病態でもある。 命に係わる発がんリスクを減らすためにも、まずは日頃から標準体重(または体格指数25未満)の維持に努めたいものだ。 

是見よと松提げ帰る年の市  夏目漱石
年の市何しに出たと人のいふ  小林一茶
のぼせたる女の顔や年の市  日野草城

庭のナンキンハゼ
我が家の庭のナンキンハゼ  (2017年11月 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR