世界一のパワースポット「セドナ」

 米国アリゾナ州の中北部の町「セドナ(Sedona)」は標高1319mの高地にあり、人口約1万5千人の小さな美しい町である。 この地は10世紀頃から15世紀前半にかけ、アメリカ原住民がレッドロック岩壁の横穴を使って住居とし居住したという歴史があり、その昔はネイティブアメリカンの聖地だったとされる。 この地特有の酸化鉄が混じった赤土の大地は磁性を帯び、強力なエネルギースポットがあちこちに点在するので、世界的なパワースポット、ヒーリングスポットとして知られる。

 セドナには、ボルテックス(渦巻 : Voltex)と呼ばれるエネルギーの渦があるとされ、自然のパワーが噴出する場所も多くあることから、「スピリチュアルな癒しの町」ともいわれ、現在はその力やインスピレーションを求めて世界中から芸術家を含めて多くのセレブやヒーラーが訪れる場所として知られる。

 強い磁力は地中から湧き出し渦を巻いているとされ、4大ボルテックスとして、1)頂上から360度のセドナを見渡せる「エアポート・メサ」、2)外観が大聖堂のように見える「カテドラル ロック」、3)外観が鈴の形をした「ベルロック」、4)最強のパワーを噴出するとされる「ポイントンキャニオン」、が有名である。 それぞれの出すエネルギーには、男性用と女性用があるといわれる。 我々はグランドキャニオンへ向かう途中の8月19日アリゾナの州都フェニックスから北へバスで約2時間を要しセドナに着き一泊した。 夕刻のエアポート・メサを訪れて、パワーストーンに座るなどして、しばしエネルギーの渦に身を任せることとなった。 さて、どんなエネルギーのご利益をもらうことになったのか、今後の楽しみでもある。

 町には、パワーストーンの専門店があり、赤茶けた色合いをした砂岩(レッドサンドストーン)のセドナストーン(ボルテックスストーン、セドナライトとも呼ばれる)や、州の石にも認定されている鮮やかな空色が特徴のターコイズ(トルコ石)を並べ人気がある。

エネもらう夏のセドナに赤い土  中島澄夫
エネ満ちてセドナの街に南風  中島澄夫
赤石に座れば力セドナ夏  中島澄夫
浦風に旅忘れけり夕涼  小林一茶

セドナ概観1
セドナの街とレッドロック (2017年8月19日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR