グランドキャニオン国立公園

 一生で一度は訪れてみたい場所の一つにグランドキャニオン(Grand Canyon)がある。今夏この望みをかなえることとなった。 グランドキャニオンはアメリカでは最も古い国立公園の一つで、2億5千年前から20億年前の地球の地層が観察できる場所として名高い。 世界で最も多くの化石が発見された場所でもある。 1979年に世界遺産へ登録された。

 総面積は4927平方キロメートルと広く、4000万年前にコロラド高原のコロラド川による浸食が始まり、200万年前に現在の自然の驚異というべき雄大な大峡谷が出来上がったとされる。 断崖は446kmに渡り、平均の深さは1200m、最深部は1800mに達する。 今は8層の地層が露出し、最古の地層は20億年前に形成されたとされている。 現在生息する生物は、植物1500種以上、鳥類355種、哺乳類88種、魚類17種などである。 この地にアメリカ原住民が住み始めたのは、4000年前とされる。 この地に足を踏み入れて最初の科学的調査を行ったのは、アメリカ軍人のジョン・パウエルで、1869年のことである。

 グランドキャニオンは、サウスリム(South Rim)とノースリム(North Rim)の2つの玄関口をもち、それぞれに多くの絶景ポイントがあって、展望台から峡谷を展望できる。 時間に余裕があれば、多くのビゥーポイントを回ったり、場所によってはトレイルを歩き景色を見ながら、トレッキングを楽しんだり、セスナ機で上空を散歩することもできる。 朝日を見るには「マーサーポイント」が、夕日を見るには「ヤバパイポイント」が最適とされている。 我々がバスで到着したのは、8月21日の午後である。 曇り空で、一時、雨が数滴パラパラして遠雷を聞いたが、雨具の心配はなく,すぐ止んでよかった。 時間的制約もあり、サウスリムのデザートビゥーポイントとグランドビゥーポイントの2か所に立ち寄っただけだったが、それでも息をのむグランドキャニオンの大パノラマを満喫するには十分な時間があってよかった。

 最初に寄ったデザートビゥーポイントはサウスリムの東端にある。 昔、周辺に君臨していたホピ族(Hopi)が崖の北方から襲ってくる野蛮な種族を見張るために作られた見張り塔を再現したというウォッチタワーがある。 タワー内には、上に続く細い階段があり、最上階まで登ると、広大なグランドキャニオンを一望できる。 グランドビゥーポイントはサウススリムでは標高が約2250mと、最も高い。

遠雷やグランドキャニオン栗鼠も来て  中島澄夫
グランドキャニオン底の底まで夕焼けて  中埜恵美子
赤肌のグランドキャニオン天高し  須磨直俊
大西日グランドキャニオンいよよ赤  中島 葵

grand cyanion
コロラド川とグランドキャニオン (2017年8月21日 撮影)

GCanyon2.jpg
グランドビゥーポイントから見たグランドキャニオン(2017年8月21日 撮影)

GCのリス2
栗鼠のお出まし、グランドキャニオンにて (2017年8月21日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR