受動喫煙と大動脈疾患死

 暦の上では立秋となったが、残暑というよりまだ猛暑の言葉が似合う日々がしばらくは続きそうである。 雨が多いためか、高湿度で蒸し暑い日が多い。

 さて、自分ではタバコを吸わないが、家庭で毎日2時間以上か、あるいは職場や飲食店、カフェーなどで、ほぼ毎日たばこの煙にさらされるグループは、受動喫煙のほとんどないグループに比べ、大動脈瘤大動脈解離などの大動脈疾患で死亡するリスクが、2.35倍も高いことを筑波大学の研究グループが、最近Atherosclerosis誌(263:145-150,2017)に発表した。

 これは日本人の40~79歳の男女約4万8000人を、平均16年間にわたり追跡調査したもので、受動喫煙と大動脈疾患死の関係を明らかにした世界で初めての研究だという。 受動喫煙の場所の比較では、家庭よりも職場や飲食店での影響がより大きいことが分かったという。 受動喫煙の頻度を高、中、低と3つに分けてリスクを比較すると、高と低では差があるも中と低では差がなかったという。

 大動脈は心臓から出る胸部大動脈とそれに続く腹部大動脈からなり、袋状に膨らん壁が薄くなり大量出血する大動脈瘤や壁に亀裂が入り、内膜と外膜とに分離されて偽腔内に血液が流入し、壁が2層に引き裂かれて、胸や背中の強い痛みをきたす大動脈解離が代表的疾患で、中高年の高血圧の人に発症しやすく、ともに死亡率が高く救急を要する疾患である。 

 先の通常国会では、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の提出が、与党の反対で見送られてしまったが、受動喫煙防止対策の強化推進は、喫緊の課題だと思う。

よい程に夜が暑いぞ萩すゝき  小林一茶
川半ばまで立秋の山の影  桂 信子
新刊の机上に匂ひ秋立てり  佐野幸子 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR