ヒアリの発見、内陸部へ

 夏のグリーンカーテン用に厨窓の外に種をまいた朝顔(morning-glory}が、勢いよく伸びて、7月に入り花を咲かせ始めた。 朝顔には種類が多く、江戸時代末には、すでに1200種類もあり、今ではその数は計り知れないほどという。 今年は混合種の種袋を購入したので、いろいろな花を楽しめそうである。 朝顔は俳句で夏の季語だと思ったが、何と秋の季語である。 俳句では季節の基本になっているのが、旧暦の二十四節気のため、最盛期の8月は秋になるというわけだ。 

 強い毒を持ったヒアリ一匹が愛知県春日井市の家電メーカーの倉庫で見つかったと愛知県と環境省が7月10日発表した。 国内におけるヒアリの発見は神戸、尼崎、名古屋、大阪、東京に次いで6例目だが、これまではすべて、付着したコンテナが陸揚げされた港での発見であった。 内陸部での発見はこれが初めてである。 6月30日に名古屋港で陸揚げされたコンテナの荷物に付着して春日井まで運ばれたのが真相のようだ。 

 卵を産む能力をもった女王アリの発見は、神戸で2匹、大阪で1匹にとどまっており、国内での繁殖の可能性は現状では少ないようだ。 だが羽の生えた女王アリが飛び立つと、一気に巣が拡散して、殺虫剤での駆除が難しくなるのは、中国や米国などで、すでに実証済みである。 ヒアリはアブラムシの体液を好むので、両者は共生関係にあり、ヒアリはアブラムシを激増させるといわれる。 

 ヒアリが定着すると、農業や家屋、電気・通信などへの悪影響は甚大で、すでに定着している米国では、年間の経済的損失が約6000億円に上るとされている。 ヒアリは早期発見に努め、何としても国内での繁殖を阻止すべきだと思う。 2004年と2006年に見つかったニュージーランドでは、港湾周辺の定期的調査と、一般人からの情報提供の2本柱によって、早期発見を徹底し、今のところ根絶に成功しているというから立派というほかはない。 日本も見習いたいものだ。

朝顔のしぼみし花の葉に沈み  星野立子
朝顔や吹倒されたなりでさく  小林一茶
朝顔の今や咲くらん空の色  夏目漱石
朝がほや一輪深き淵の色  与謝蕪村

朝顔1
グリーンカーテンとして咲き始めた我が家の朝顔(2017年7月10日撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR