殺人アリの日本上陸

 畑を耕して作物を作るときの気配りとして、害虫のアブラムシやナメクジ、アリなどへの対策がある。 最近はカラスが増え、トマト、トウモロコシ、キウリ、ナス、南瓜、ズッキーニなどを平気で食べ荒らすので、収穫期前に、防鳥ネットを張ることも当地では必須である。 
 さて、5月26日、兵庫県尼崎市で、中国から貨物船で運ばれたコンテナ内部に強い毒を持つことで知られる南米原産の「ヒアリ」(火蟻、fire ants)の成虫と卵が発見され、続いてコンテナを一時保管した神戸港でも、コンテナから2,30m離れたアスファルトの亀裂にヒアリが100匹あまり群がっているのが確認され、数日間で駆除したと環境省が発表した。

 一般にアリは女王アリ、雄アリ、働きアリによって寿命が異なり、女王アリの寿命は10~20年と長命で、100万個以上の卵を産むのに対し、雄アリや働きアリは短命で、雄アリは数カ月~1年、働きアリは1~2年の寿命とされる。

 ヒアリは体長が2.5~6mmで、ユニークな色をしており、体は赤茶色でお尻は黒い。 お尻に毒針があり、激しい攻撃性をもって人や動物を刺す。 刺されると、お線香の火を押し付けられた時のような強い痛みと、腫れ、かゆみ、吐き気、めまい、手の震え、血圧低下、動悸などを起こし、最悪の場合アナフィラキシーショックで死亡する。 本来は南米のみで生息していたが、繁殖力が旺盛で、現在は米国、オーストラリア、中国、香港、台湾、フィリピン、タイ、カリブ海など世界各地で確認されている。 米国では年間1400万人以上の人が刺され、死亡率は約7%といわれる。 高齢者や子供は特に注意が必要だ。

 どんなアリも園芸や農業には歓迎されないが、こんなアリが日本に定着しないよう願いたいものである。 万一、赤みを帯びた火蟻を見つけた時は自分で処理しようとせず、役所や保健所に届けたい。

母美しトマトつくりに面痩せず  杉田久女
子の為の朝餉夕餉のトマト汁  星野立子
トマト熟れ鳴かないカラスすぐそばに  中島澄夫

29年ミニトマト1
最盛期を迎えた自作のミニトマト (2017年6月24日 撮影)

H29中玉トマト
中玉トマトも食べ頃に (2017年6月24日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR