情報の不正暗号化とビジネス

 大戦時代、情報の暗号化は重要な戦略の一つであったと聞くが、今また情報の暗号化が脚光を浴びる事態である。 今月12日以来、パソコン上で身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)として、悪意あるソフトウエア(マルウエア)がインターネット上で暗躍し、WannaCryと名づけられた新種ウイルスの被害は、日本を含めて世界150か国、23万件以上に及び、ヨーロッパでは特に被害が大きく、日ごとに拡大中だという。 今回の攻撃はマイクロソフトがサポートを終了したWindows XPを主な標的にしているようだが、実際の被害が最も多いのはWindows 7のユーザーだという。

 このマルウエアに感染すると、システムで管理する情報が暗号化(encrypt)され、利用者が情報を取り出せないようになる。 お金(身代金)を支払えば、暗号解読のカギが渡され、ただちに復帰するというものだ。 ウイルスは自己増殖機能を持っており、PCに感染するとデータを暗号化すると同時に次の機器を探し、ネット上からウイルスを送り込むという。 対策が強化されないと、今後ビジネス化する恐れもある。

 サイバー攻撃で反撃できればよいが、現在日本では「不正アクセス禁止法」が存在し、政府による反撃はできない。 病院などの医療機関、金融機関、鉄道、電力、ガスなど重要なインフラが被害を受けると、国はマヒ状態となる。 これを避けるため日本政府は、サイバー手段で反撃できるよう法を整備する検討に入ったと伝えられる。 マルウエア対策の強化を急がねばならないのは当然であり、法整備は国会議員の責務である。

芍薬や四十八夜に切りつくす  加舎白雄
新茶の香真昼の眠気転じたり  小林一茶
浅間山煙の中の若葉かな  与謝蕪村

19日芍薬
遅れて咲いた庭の芍薬 (2017年5月19日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR