オウム病で妊婦2人が死亡

 4~6月は鳥の繁殖期で、小鳥も大鳥も営巣に励む姿が観察される。 私も小鳥好きで、子供時代には雪の畑に仕掛けを作って、シジュウカラを何匹かを捕獲し、1年ほど飼い、自然界に開放してやった経験がある。 鳥から人に感染する病気として、「オウム病」がある。 ここ数年は全国で毎年40人前後の感染が報告されており、感染は4~6月に比較的多く、日本産婦人科医会の調査によると、2015~2016年に2人の妊婦がオウム病で死亡したという。

 オウム病といっても感染源となる鳥はオウムとは限らず、ハトやインコなどからの感染も多いとされる。 健康な鳥でも数%は病原細菌のオウム病クラミジアを保菌しており、唾液や糞便中に排菌する。 普通は鳥の糞をホコリと一緒に吸い込むことにより感染する。 発熱や咳などインフルエンザ用の症状で発症し、治療が遅れると肺炎や髄膜炎、心筋炎、膵炎、などを起こし多臓器不全で死亡することもある。 

 診断は血清抗体価の測定やクラミジアの分離、クラミジア遺伝子の検出などによる。 治療はマクロライド系やテトラサイクリン系の抗菌薬を2週間服用する。 現在、予防ワクチンはない。 鳥を飼う場合、ケージの清掃に当たっては、マスクを着用することが望まれる。 また妊娠すると、免疫力が低下し、感染リスクが高くなるので、ペットの鳥との接触は避けた方が無難といえる。

大木や鳥の巣のせて藤かかる  高浜虚子
小鳥の巣二本の枝にしっかりと  高野素十
見上げれば天空一角サギ営巣  中島澄夫
戸袋に啼いて巣立ちの近きらし  まついひろこ

H29玉がすみ
我が家の庭に咲く玉霞 (2017年4月7日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR