自然災害による死亡率が高い

 名古屋ではソメイヨシノの開花宣言が3月28日に出たものの、勤務先の桜は蕾が大きくなってはいるが、開花はほんの少しで、花見は今週末あたりが適当となりそうな気配だ。 庭の椿(玉霞)と玄関先の沈丁花は今まさに満開で見ごろとなった。 桜を前に3月27日には、栃木県の那須温泉ファミリースキー場付近で大規模雪崩が発生し、登山講習会に参加していた高校生7人と教員1人の計8人が雪で押しつぶされ圧死するという痛ましい事故があった。

 春山では凍った雪の上に新雪が積もると、表層雪崩が起きやすいので安全への配慮を欠かせない。 医学生時代に強健な山男が、やはり春山の雪崩に巻き込まれ犠牲になっている。生きていたらどんな活躍がみられたのかと思うと胸が詰まる思いだ。

 WHO世界保健統計2016年版によると、最近6年間(2011~2016年)における自然災害による年間平均死亡率(人口10万当たり死亡数)の国別ランキングは、第1位 ネパール(7.2)、2位 日本(3.4)、3位フィリピン(2.5)、となっている。 米国、英国、ドイツ、フランス、イタリアなどは0.1未満である。 地震、台風、火山噴火、雪崩など天災の多い日本では、自然災害によって死亡する率は世界でもトップクラスであり、自然災害への心構えを強く持って、その対策を強化しなければと、改めて思うこの頃である。

雪崩るるよ盆地の闇をゆるがして  藤沢周平
玉椿つついて遊ぶめじろかな  中島澄夫
深追いの恋はすまじき沈丁花  芳村うつき

安曇野風景1
早春の安曇野 (2017年3月20日 撮影)

梅が咲き始きはじめ
梅が咲きはじめる・大王わさび農場(信州安曇野)にて (2017年3月20日 撮影)






スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR