3月は自殺対策強化月間

 例年、日本における月間自殺者数の最も多い3月は、「自殺対策強化月間」と定められ、各市町村は関係団体と連携して、重点的に対策を強化し、「生きる支援」のための活動を積極的に展開すべし、とされている。 悩みを抱えた人が必要な支援を受けられるような相談事業を含む支援策を強力に推進しなければならない。

 WHOが発表した主要国における2016年の人口10万対国別自殺率は、1位 韓国(36.8)、2位 日本(23.1)、3位 米国(13.7)、4位 ドイツ(13.0)、5位 オーストラリア(11.6)、となっており、日本では近年減少しつつあるものの、依然として高率である。

 先日は、北朝鮮のキム・ジョンナム氏がマレーシア空港で公然と毒殺される事件があり、全世界を驚かせたばかりだが、国別の人口10万対の他殺率を見ると、1位 米国(5.4)、2位 韓国(2.0)、3位 オーストラリア((1.1)、4位 ドイツ(0.8)、5位 日本(0.4)、となっている。 他殺は日本では比較的低率であるが、他殺の約半数は親族間で起こっており、わが国では自殺対策に加えて、増加しつつある介護殺人などへの対策を講じる必要が高まっている。 

 このところ、世界幸福度ランキングで第1位を競うのは、フィジーとコロンビアだが、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現は、人類にとって苦難の道ではあると思う。 今は満開となったしだれ梅が見どころである。

梅見ても青空見ても田舎かな  小林一茶
ピンクシャワーホワイトシャワーしだれ梅  中島 葵
白梅に立ち紅梅を見て居りぬ  上迫しな女
仕事仕事梅に咲かれてしまひけり  加藤かな文

枝垂れ1
700本のしだれ梅が咲き競う名古屋市農業センターにて (2017年3月13日 撮影)

しだれ梅2
我が世のしだれ梅・名古屋市農業センターにて (2017年3月13日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR