雛祭りとおひなさま

 花桃が満開となり、桃の節句、ひな祭りの季節となった。 日本では2月中旬に蔵から出された雛人形が揃って祭壇に並び、ひときわ華やぐので、心も何となく豊かになる気がする。 日本の伝統行事だが、3月3日は祝日とはなっていない。

 昔は、おひなさまは嫁入り道具の一つとされ、母方の実家から贈られる習慣があったようだ。 例年2月になると、いつも大事そうに3段飾りの飾りつけをしていた、今は亡き母の姿を思い出す季節でもある。 雛人形の飾り方はいろいろあり、地方により違いがみられる。 現在は一般的には、結婚式の新郎新婦と同じように、男雛を右(向かって左)、女雛を左(向かって右)に配置することが多いものの、決まり事にはなっていない。 江戸時代までは、古来の宮廷儀式にならって、その逆に飾る慣わしだったとされる。

 ひな祭りは平安時代に始まった伝統行事で、紙で作った人形を川へ流す「流し雛」は「災厄よけ」の守り雛で、ひな祭りの原型とされ、名古屋の徳川園では、現在も年中行事となっている。 手作りの作品を龍仙湖に流すことができる。 

 この時期には、全国各地で特色ある雛人形の公開展があり、近くでは徳川園(名古屋)、岩崎城(日進市)、足助町(豊田市)などが有名である。 

 ひな祭りにちなんだ童謡はいくつもあり、これが耳に響くと春近しを感じとることができ、若返った気分になれるのは良いことである。

 笛なくも律儀にポーズ囃子雛  中島 葵
 雛の灯に雪のあかりの加はりぬ  小野寿子
 ひなの日や蔵から都遷しあり  横井也有

赤倉ホテルの雛
新潟県 赤倉ホテルの雛人形 (2017年2月19日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR