ゲーム依存症の増加

若い人たちがスマートフォンやインターネット、ゲーム機器などを使ってゲームに夢中になる姿を見かけることが増えてきた。 この傾向は日本だけでなく世界的な潮流のようだ。 厚労省の2013年に10万人を対象にした実態調査によると、ネット依存の中高生は全国で51万8千人にのぼり、Young KS の20項目基準(1998年)に基づいて分析すると、中高生の8%がゲーム依存症(ゲーム中毒)で、若年層での増加が目立ったという。

 昨年、鹿児島県の心療内科・増田医師が県内の小中高生6千人を調査したところ、ゲーム依存症は何と4年間で2倍に増えており、特に小学校低学年の男子では児童の15%がゲーム依存症の状態だったというから、これは深刻な社会問題である。

 ゲームに夢中になると、時間観念が薄れる結果、生活リズムが狂い、やがては寝不足から遅刻の常習、不登校へと発展しやすく、姿勢は悪くなるし、コミュニケーション能力が低下し、問題行動を起こしたり、性格異常をきたすこともまれではない。 

 先ずは子供を持つ親の監督と見守りが何より大切で、少なくとも小学校2~3年生までは、ゲームを禁止すべきだろう。 許可する場合も個室ではなく、居間のような人目の届く範囲内で行わせ、1日30分以内とするなど、工夫を凝らしたいものだ。 この時期、老いも若きも、家族ともども外へ出て、ウインタースポーツを楽しみたいものである。


足迹のあわれいつ迄残る雪  小林一茶
ほっかりと梢に日あり霜の朝  高浜虚子
枯菊を残らず刈りて春を待つ  阿部みどり女

赤倉観光スキー場
赤倉温泉スキー場 エレガントコース (2017年2月19日 撮影)

岡倉天心堂
雪で埋まった岡倉天心堂:新潟県赤倉温泉スキー場にて (2017年2月19日 撮影)


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR