4人に1人は酸蝕症

 酸蝕症(さんしょくしょう)という病名を知る人は意外と少ない。 ということは認知度が低くこれまであまり使われていないからだと思う。 歯の病気であり、酸蝕症に侵された歯を酸蝕歯(さんしょくし)と呼ぶ。 歯の表面は硬いエナメル質で覆われているが、酸性飲食物の過剰摂取や胃食道逆流症、酸性薬剤(アスピリン、ビタミンCなど)の常用などにより、酸がエナメル質を化学的に溶解し、再石灰化のスピードを上回り続けると、やがてその下の組織である象牙質が露出する病気である。 

 酸蝕歯の表面は、次第に平らになり全体的に丸みを帯び、表面の色は白濁したり、黄褐色となり、やがて歯の先端が折れたり、象牙質が露出し、冷水痛咬合痛をきたすことになる。 酸蝕症は歯軋り・咬耗や歯ブラシによる過度のブラッシングなど他の要因と重なると進行が早まる。 細菌が関与していないという点で、虫歯とは異なる。

 疫学調査によると、成人の酸蝕症罹患率は26~29%とされ、4人に1人以上がかかっているという頻度の高い生活習慣病である。 高齢者を調査対象とすれば、罹患率は更に高くなることが確実視される。 

 歯のエナメル質が溶け出す臨界pHは、pH5.5であり、炭酸飲料(コーラ飲料など)、スポーツドリンク、栄養ドリンク、ヨーグルト、酢、ビール、ワイン、日本酒、梅酒、レモン、ミカン類、各種ドレッシングなど、pH5.5以下の酸性飲食物を摂取する場合は長時間口の中に入れず、摂取後は数回お湯や水でうがいして、口の中の酸を洗い流すよう心がけることが予防となる。 また、歯磨きは食後すぐ始める人が多いが、酸の影響が残る食後1時間は待ったほうが理想的とされる。

歯が抜けてあなた頼むもあもあみだ  小林一茶
歯ぎしみの拍子ともなりきりぎりす  小林一茶
金柑は葉越しにたかし朝の霜  芥川龍之介

DSC03120.jpg
食べごろに熟した庭の金柑 (2016年12月24日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR