小学生の入浴は週2~3回で十分

 ヒトの皮膚の表面には多くの細菌が常在しており、これによって免疫機能が強化され、各種病原体に対する免疫を獲得して、感染しても発症しにくい体づくりに役立っている。 液体ボディソープや石鹼で頻繁に体を洗うと、皮膚は乾燥し、皮膚のバリア機能が失われ細菌の攻撃を受けやすくなる。

 皮膚のバリア機能とは、表皮内の角質層にある水分の蒸発を防ぎ、外界からの細菌やアレルゲンなどの異物の侵入を防ぐ役割のことである。 表皮内の角層には、皮脂、天然保湿因子(尿素、アミノ酸など)、角質細胞間脂質(セラミド、脂肪酸など)の3つの重要因子が存在し、共同して皮膚の潤いを保っている。 過度に洗浄すると、最外層の皮脂が取り除かれて皮膚が乾燥し、バリア機能が障害され、同時に物理的または化学的刺激により痒みの神経線維が活性化され、表皮内へ伸びてくるため、痒みが発生しやすくなる。 

 さて、米国皮膚科学会(AAD)が今秋公表したところによると、6~11歳の小学生は一般的に、週に2~3回の入浴でよく、洗髪もこの年齢では一般的に週1~2回で十分だという。 ただ大量の汗をかいたり、泥遊び、プールや海水浴などの後では、随時入浴が勧められるとしているので心しておきたい。 12歳前後の思春期以降は、毎日入浴が望まれ、洗顔も朝晩毎日すべきとしている。 ただし高齢になるほど皮膚は乾燥するので、洗いすぎには注意し保湿に心がけるべきである。 「老化とは乾燥の過程である」という名言がある。 乾燥は皮膚に表れやすいのだ。 湿疹や皮膚炎、乾燥肌など皮膚の病気を認める場合は、皮膚科医に相談したうえで入浴頻度を判断すべきは当然である。

温泉に映る満月手ですくい   内田幸太
名月を両手に掬う露天風呂  池口淳子
降る雪にネオンが滲む外湯かな  山田たき子
からからと初湯の桶をならしつつ  高浜虚子

筑波山紅葉
筑波山の秋 (2016年11月7日 撮影)

筑波山千両
筑波山の千両:白雲橋コース沿いにて (2016.11.7 撮影)

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR