食毛症とラプンツェル症候群

 ラプンツェル(Rapunzel)は聞きなれない言葉であるが、グリム童話に出てくる長く美しい髪を持った少女の名前である。 魔女により12~20歳まで、高い塔に閉じ込められて誰にも会うことを許されなかったため、自分の美しい驚くほど長い髪を外へ垂らし、それを梯子代わりにして登ってきた王子と結ばれるヒロインである。 

 自分の髪の毛を抜いて食べる病気を食毛症というが、4本や5本を抜いて食べても特に問題はない。 しかしこの行為を続けて行うと、胃や腸で毛玉(毛髪胃石)や蛇状の髪の束ができて、胃や腸を閉塞し、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、体重減少、便秘、腸閉塞、胃潰瘍、吐血などをきたすことになる。 重症例で診断が遅れると死に至ることもある。 人間は髪の毛を消化することができないのが問題である。 食毛症で閉塞症状をきたしたものをラプンツェル症候群とよび、食毛症の約1/3を占める。 治療では外科的に髪の毛の塊を摘出する必要がある。

 異食症でティッシュウなど紙を食べる行為は、高齢の認知症患者でしばしばみられるが、食毛症は中年以下の若い女性に多く見られ、20歳以下の女性が約40%を占める。 自分の毛髪を抜かないと落ち着かず、抜いて食べると安心するためやめることができないとされる。 認知行動療法が必要であることは言うまでもない。

東風吹くや耳現るるうなゐ髪  杉田久女
五十なほ待つ心あり髪洗ふ  大石悦子
あち東風や面々さばき柳髪  松尾芭蕉

H28愛知牧場
咲き競うコスモス 愛知牧場(日進市米野木町南山)にて (2016.10.24撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR