飲酒で不整脈リスク上昇

 飲酒は過剰にならず適量なら、長期にわたって続けても健康維持のためにはプラス面も多いといわれてきたが、それを否定する結果が、最近米国心臓学会(ACC)から発表された。

 この研究はフラミンガム心臓研究(Framingham Heart Study)に参加した平均年齢56歳の男女5200例の心電図を6年以上にわたり解析したもので、1日のアルコール摂取量が10グラム(日本酒半合あるいはワイン90ml相当)増える毎に、心房細動の新規発症リスクが5%上昇することが判明したという。 またアルコール摂取量が10グラム増える毎に、心臓の左心房が0.16mm拡大したという。

 心房細動は高齢者に頻度の高い不整脈である。 加齢とともに増加し、70歳代の5%、80歳代の10%の頻度でみられる。 日本では約130万人いるとされ、潜在患者は200万人を超すともいわれる。 心房細動は脳卒中の主要危険因子であり、心不全の原因ともなる。 発作性、持続性、永続性などに分類され、危険因子として、アルコールや加齢のほかに、高血圧、過労、喫煙、ストレス、糖尿病、睡眠時呼吸障害、心臓弁膜症などがある。 

 心房細動は、自分で脈をとれば脈が規則正しく打たず、でたらめに打っているので絶対性不整脈とも呼ばれ、心電図をとらなくてもわかることが多い。 

 飲酒は適量であっても長期にわたって飲み続けると心臓には有害であり、週に何日かは飲まない日を作るよう心がけるのが良いようだ。

コスモスや蝶も吹かれて風つよし  西山泊雲
嘘すこしコスモスすこし揺れにけり  三井葉子
コスモスの紅白ピンクあの世かな  中島澄夫

H28愛牧の秋
秋色の愛知牧場 (2016年10月24日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR