記憶力は空腹で上昇

 記憶には学習で覚える意味記憶や、楽器演奏や運転など体で覚える手続き記憶、さらには過去に起こった体験を丸ごと覚えるエピソード記憶などいろいろな記憶があり、したがって記憶障害にもいろいろなパタンがある。 我々は日常生活の中で、一定時間以内でものを覚えなければならないことがしばしばある。 東京都医学総合研究所などの研究グループによる最近の発表によると、お腹がすいた空腹状態で学習すると学習効率がアップし、より少ない時間で記憶することができることを証明したという。

 実験は空腹度合いが異なるショウジョウバエを使い、5~60秒間、においと電気ショックを同時に与えて、「危険なにおい」を覚えさせ、同時に同じ秒数だけ電気ショックのない「安全なにおい」をも覚えさせた。 その後、二つのにおいを同時に与えて、それぞれのにおいに集まったハエの数をもとに、学習効果を点数化して比較した。 

 その結果、16時間絶食したハエは10秒間の学習で成績が約2倍になるなど、絶食時間の長いハエは短時間で効率よく学習できたという。 記憶にかかわる神経伝達物質のドーパミンも、空腹時のハエでは通常の約1.5倍に増えていた。

 ヒトでも満腹状態で勉強すると、しばしば眠くなり、学習効果が低下することを経験した人は少なくないと思う。 短時間で効率よく物を覚えるには、やはり空腹状態でやるのがよいようだ。

栗拾ふ小さき穴に虫もいて  中島澄夫
行あきや手をひろげたる栗のいが  松尾芭蕉
柴栗や馬のばりしてうつくしき  小林一茶

秋の味覚1
台風一過の日に愛知県奥三河の山で拾った今年初めての栗 (2016.9.22 撮影)

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR