ダニ媒介脳炎

 職場の老健では、毎年夏にお盆の次の週末の1日を選んで、夏祭りを行う。 町のボランティアの踊りグループや近隣の住民、入所関係者も加わり、屋台を作って笛に太鼓で踊ったり食べたり抽選やらで賑わう。 周りには露店や出店も出て大いに盛り上がるのはよいが、主催者側は万一の事故に備えて気を使うので無事終了するとホッと一息となる。

 さて、フレボウイルス属に属するSFTSウイルスを持ったマダニに咬まれて発症する「ダニ媒介脳炎」が、23年ぶりに北海道で確認されたと厚労省が発表した。 患者は北海道在住の40歳代の男性で、7月中旬にマダニに咬まれ、けいれんと意識障害をきたし脳炎、髄膜炎の症状が出て、入院治療するも今月(8月13日)に入って死亡したという。 

 フレボウイルスを持ったマダニに刺されると、「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)を発症することが多く、西日本を中心に20府県から200人以上の患者が届けられている。 ダニの繁殖期である5~8月の発症例が多い。フレボウイルス感染後7~14日は症状がなく、その後、発熱、悪心・嘔吐、腹痛、頭痛、筋肉痛などの症状からけいれん、意識障害などの神経症状や、リンパ節の腫脹、皮下出血、下血などの症状をきたすとされる。 脳炎や髄膜炎を起こすと、当然ながら死亡リスクは高くなる。 このウイルスはネズミとマダニの間を往来しているようだ。 

 高温多湿の夏は、ダニの天国である。 マダニは他のダニと比べて体が大きく、2~3mm大で肉眼で見える。 血を吸うと膨れ上がり、1cmを超える大きさになる。 野山や草藪の中に生息するので、木や草の多い場所に入るときは、露出の少ない長袖、長ズボンを着用することを心掛け、地面に転がるときには、敷物を敷いてからにするなどの注意を守りたいものだ。

御祭りや鬼ゆり姫ゆりはかたゆり  小林一茶
浴衣着て素肌もっとも目覚めけり  古賀まり子
腰痛をどうしたらかと生身魂  中島澄夫

山菜そば(高山)
名代手打ちそば:寿美久にて(飛騨高山)、2016年夏、撮影
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR