暑熱馴化

 日本の6月は梅雨の季節で、本格的な夏はまだ先だが、急に暑くなる日があり、暑さ慣れしていない高齢者などは熱中症を発症し、救急搬送されやすい季節でもある。 体温調節機能の低下した高齢者は、冬慣れして発汗しにくい体となっており、初夏に急に暑くなったりすると、急激な体温上昇を招いてしまうことになる。 老若を問わず、冷房のある環境で過ごす人が多い昨今であるが,猛暑の室外での生活もまた現実である。 

 暑くても体温調節ができるように暑さに慣れることを暑熱馴化あるいは暑熱順化とよぶ。 暑熱馴化できている人は、熱中症にかかるリスクが低くなるので、この時期、積極的に体を暑さ慣れさせる暑熱馴化の対策が必要となる。

 先ずは、適度な水分補給を心がけながら、ウォーキング、ジョッギング、農作業、自転車こぎなど、軽く息が上がる程度の筋肉運動を行い、程よい汗をかくのがよい。 湿度の低い環境は効果を高める。 高濃度炭酸浴やサウナを利用した入浴で汗をかくのもよい方法である。 

 高濃度炭酸浴には発汗作用に加えて、血管拡張作用、副交感神経優位の自律神経調節作用、リラクゼーション効果、催眠効果、疲労回復効果などが知られる。 炭酸湯は市販の入浴剤、炭酸泉タブレットを用いて家庭でも簡単に作れる。 高濃度炭酸泉は、炭酸濃度が1リットル当たり1000ppm以上溶け込んだものをいう。

 暑熱馴化は努力すれば1週間で達成できる。 成功すると、汗腺の働きが活性化し、より低い体温で発汗できるようになり、同じ体温で出る発汗量も増え、皮膚血流量も増加する。 汗の質も変わり、Naの多いベタベタ汗から、Naの少ないサラサラ汗へと変化する。体熱が効率的に放出されるので、体温上昇は少なくなり、暑くても夏バテせず楽に過ごせるようになる。 

百合の香の朝やはらかと思ひつつ  小川美津子
百合の花超然として低からず  高屋窓秋
うつとしや雨はやみても百合の花  小林一茶

八重のユリ
新種・八重の白ユリ (2016年6月19日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR