メタボ健診の見直し

 メタボ健診(特定健康診査・特定保健指導)は、糖尿病や高血圧など様々な生活習慣病をもたらす元凶となるメタボリック症候群を早期に発見し、膨張する国の医療費を抑えるための重点施策の一つとして、平成20年4月1日からスタートした。 40~74歳の健康保険組合などの医療保険加入者は受診の義務があり、メタボリック症候群(予備軍を含む)と診断されると、保健師や管理栄養士より保健指導を受けることになる。

 メタボリック症候群は内臓脂肪症候群とも呼ばれて、腹囲(お腹の一番出ているところ)が男性85cm以上、女性90cm以上あるか、もしくは体格指数(BMI)が25以上という肥満があり、1)高血圧、2)高血糖、3)脂質異常症、のうち2つ以上該当する場合をいう。 2004年度実施の調査によると、中高年(40~74歳)日本人の男性約50%、女性約20%がメタボリック症候群(予備軍含む)だとされる。 また経済協力開発機構(OECD)は、成人肥満比率の国際比較(2013年までの最近年)を発表しており、米国35%、オーストラリア28%、英国25%、ドイツ24%、フランス15%、日本3.7%で、日本は先進国の中では低い。

 従来の健診では、腹囲が基準値以上であることが保健指導の前提であったが、やせていてもサルコペニア肥満や隠れ肥満で体脂肪率が25~30%以上を示す生活習慣病リスクの高い人が少なくなく、これらの人は指導対象から漏れていた。 近年実施された厚労省研究班の調査では、腹囲が正常範囲でも、3項目の1つ以上に異常があると、ない人に比べ脳卒中や心筋梗塞などの発症リスクが、男性1.9~2.2倍、女性2.1~2.5倍高いことが判明したという。 

 これらの結果を踏まえて、厚労省は従来のメタボ健診を見直し、2018年度より腹囲が基準値以下でも血圧、血糖、脂質のいずれかのリスクファクターに異常があれば、保健指導の対象とする方針を決め、今月発表した。 肥満よりリスクファクター重視への方針転換である。 食事、運動、および睡眠の健康三原則を改めて肝に銘じたいものだ。

カラス鳴く熟れしトマトはやらぬぞよ  中島澄夫
くちづけのあとの真っ赤なトマト切る 大嵩翔
初茄子とらずにおいて盗まれし  小林一茶
雨あとの土息づくや茄子の花  松本一枝

ミニトマト
色づき始めた我が家のミニトマト (2016年5月28日 撮影)

初茄子
採れるばかりになった今年一番の初ナス:背景は満開のカモミール、我が家の畑にて (2016年5月28日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR