報道の自由度向上を

  大型連休も近づき、スナップエンドーやタマネギの収穫が始まるとともに、夏野菜の植え付けが始まり、週末には猫の手も借りたい忙しさである。 このところ穀雨が定期的にあるのはうれしい。

 さて、言論の自由や報道の自由を擁護することを目的とする非政府組織(NGO)の「国境なき記者団」(RSF,本部パリ)は、2002年以降毎年、メディアの独立性や透明性など50の指標に基づいて、世界各国の報道自由度ランキングを発表している。

 先日発表された2016年の報道ランキングによると、対象180か国中で第1位はフィンランドで自由度が最も高く、以下第2位オランダ、3位ノルウェー、4位デンマーク、5位ニュージーランドと続き、北欧諸国が上位グループを占めている。 最下位グループでは、第176位中国、177位シリア、178位トルクメニスタン、179位北朝鮮、180位エリトリアと並ぶ。 主要国では、ドイツ16位、英国38位、米国41位、フランス45位で、日本は前年の61位から順位が11下がって72位と後退し、3年連続で順位を落としている。 民主党政権下の2010年では、11位と上位にあったが、自民党政権下で確実に下がっている。 

この国には、「政権側が内容的に公平を欠くと判断すれば、国が放送局に電波停止を命じることができる」などと平然と言ってのける現職の総務大臣がいるのだから驚かされてしまう。

 福島第一原発事故の報道規制や特定秘密保護法の施行などで政府やスポンサーに不都合な情報は部分的に遮断されており、多くのメディアは報道を自主規制せざるを得ない現状にある。 嘆かわしい限りである。

 報道の自由は民主主義の土台であり、表現の自由、報道の自由は国民のたゆまぬ努力でまもっていくべき大切なものだと思うこの頃である。

蝶の羽のいくたび越ゆる塀の屋根  松尾芭蕉
窓明けて蝶を見送る野原かな  小林一茶
蝶の恋空の窪んでいるゐるところ  川嶋一美

アゲハ1
我が家の玄関に飛来した今年の初アゲハチョウ(キアゲハ)  (2016年4月9日  撮影)


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR