「紹介状なし大病院受診」で5千円負担

 平成27年9月時点で、65歳以上の高齢者人口は3384万人で、総人口に占める割合は26.7%となり、4人に1人が高齢者で過去最高となった。 主要国では最高である。 この割合は今後も上昇を続け、22年後の平成47年には33.4%に達し、3人に1人が高齢者になると予測されている。 

 高齢者が増えると、医療費の増大は必然で、平成25年度の国民医療費は40兆円を超え、その57.7%を65歳以上の高齢者が使うに至り、医療改革は喫緊の課題である。 厚労省は平成27年9月時点で、薬価の低い後発医薬品(ジェネリック医薬品)の数量シェア56%を、平成29年央に70%、平成30~32年末までに80%以上とする新しい数量シェア目標を設定した。 

 制度改革の一環として、来月(4月)から大病院と中小病院、診療所の機能分化を一歩進めることになった。 大学病院などの特定機能病院と一般病床500床以上の地域医療支援病院を受診する際には、紹介状なしだと、初診料として最低5000円の窓口負担の徴収を病院に義務付けする制度が始まる。 これまでは金額の設定は任意で、徴収が義務化されていなかったため病院によって対応が異なり、未徴収の病院も少なくなかったとされる。

 最近のアンケート調査によると、この新しい制度を医療関係者でも熟知していない人の割合が多いとされ、新情報をもっと一般に周知させる努力が必要となっている。 心して対応したいものだ。

田芹摘み鶴に拙く思れな   小林一茶
薄曇る水動かずよ芹の中  芥川龍之介
水やりて緑浮き立つ庭の芹  中島澄夫

島の藤
冬牡丹 : 島の藤 (2016年2月13日 撮影)

芹とタラの木1
タラの木の根元で元気に成長した我が家の芹 (2016年3月18日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR