映画の喫煙シーンと宣伝費

 4年後の2020年に東京オリンピックが開催される。 国際オリンピック委員会(IOC)は、1988年以降、オリンピックの禁煙方針を採択し、「タバコのない五輪」を掲げている。 開催都市は受動喫煙規制を含めて禁煙や分煙に関する厳しい法律や条例を制定し、「スモーク フリー」の環境を整備しなければならない。 実際、バルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネ、北京、ロンドンの歴代開催都市は、すべて罰則付きの受動喫煙防止法または条例を整備し、本年開催都市のリオデジャネイロも同様である。

 映画やTVドラマでは、喫煙シーンがしばしば描かれる。 子供や若者は、この喫煙シーンに簡単に感化され、喫煙開始を早めたり、習慣化してしまうことが多いと指摘されている。 映画の喫煙シーンは、しばしばたばこの宣伝を兼ねており、製作者は多額の宣伝費を供与されることも多いようだが、観客は「タバコの宣伝」とは思わず、ごく「自然のこと」と捉え、そのカッコ良さからタバコのとりことなってしまうことも少なくない。

 世界保健機関(WHO)は、「Smoke-Free Movies」という報告書を出し、映画の喫煙シーンを規制する運動を推進している。 実行すべき対策として、1)喫煙シーンのある映画を上映する場合は、直前に禁煙コマーシャルを流すこと、2)喫煙シーンのある映画では、利益供与を受けていない旨の宣誓文を入れること、3)「成人指定」の制限をつける、4)映画製作補助金給付の対象から外すよう関係機関に働きかける、などを挙げている。 日本では、まだどれも実行されていないようだ。

 日本はたばこ規制の後進国とされ、厚労省国民健康栄養調査(H25年度)によると、成人喫煙率は、男性32.2%、女性8.2%であり、20歳代に限ると、男性36.3%、女性12.7%と、男女とも平均喫煙率を上回っている。 喫煙シーンの影響を最も受けやすいのは、子供や若者であるという認識を、すべての関係者が共有し、喫煙率減少に向けた対策を強化すべきだと思う。 

熱々の味噌汁の具に蕗の薹  中島澄夫
蕗の薹見つけし今日はこれでよし  細見綾子
見つけたる夕日の端の蕗の薹  柴田白葉女

天心堂H26
岡倉天心堂 : 赤倉温泉スキー場にて(2016年2月21日 撮影)

八重桜H26
冬牡丹:八重桜 (2016年2月13日 撮影)

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR