がんの早期発見

 平成27年度は、まだ3か月弱残っているが、厚労省は元旦付で、「平成27年度(2015年度)人口動態統計の年間推計」を公表し、今年度の疾患別死亡数は、第1位ががん、2位が心疾患、3位が肺炎、4位が脳血管疾患の順に多いことを明らかにした。 上位4疾患の順位は2013年以来同じだが、超高齢社会を反映し、前年度の比べがん肺炎による死亡数が増え、心疾患は横ばい、脳血管疾患による死亡数は減っている。 高齢者における免疫能低下への対策強化が今後の大きな課題になると思われる。

 ヒトの細胞数は約37兆個とも60兆個ともいわれるが、正常な細胞は遺伝子異常で、常日頃一部ががん細胞となる。 がん細胞は生体にとって異物であり、生体はNK細胞や樹状細胞の指令を受けたT細胞が、がん細胞を攻撃し排除するという免疫能を備えている。 一方、がん細胞も生き残りをかけて、表面のがん抗原を隠したり、免疫がうまく働かなくなるようなPD-L1などの物質を放出して、免疫力を抑え込む作戦に出るため、その攻防次第で発癌し、高齢で免疫能が低下すると、発癌は増えることになる。

 日本では年間約40万人ががんで死亡しているが、がん検診受診率は約40%で、高くない現状がある。 これは検診に時間をとられ、面倒だからという理由が大きい。 もっと手軽にできる早期発見法の開発が急務といえるわけだ。 

 茨城県つくば市にある国立研究開発法人は、最近、ヒトのはく息で呼気中の匂い物質を分析し、各種がんや腎臓病、肝臓病、糖尿病などを早期発見する数ミリサイズの小型センサーを開発したと発表した。 6年後の2022年に実用化を目指すという。 この小型センサーをスマートフォンやPCに搭載すれば個人的に利用できる可能性もあり、がんの早期発見への道を開く突破口となることが期待される。

生きねばと鳥とて雪を払い立つ  村越化石
木のベッド匂ひて雪の降りはじむ  井越芳子
花の中影なかりけり福寿草  高田正子

ダイアモンドスキー場
志賀高原・ダイアモンドスキー場 (2015年12月31日 撮影)

 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR