歩行後進国の返上を

 2本足を使って歩くことは人にとって基本的な日常生活動作の一つである。 IT技術が進歩し一昔に比べ、どの職場でも座位時間は確実に増えている。 では、身体の健康を維持するために、我々はいったいどれだけ歩けばよいのだろうか。 

 米国ミズーリ大学医学部のPadilla Jらの研究グループは、このほど「1時間パソコン(PC)の前に座ることで生じる血管障害は、10分の歩行で解消できる」と発表した。 グループは11人の健康ボランティアを対象とした実証実験で、PCの前に長時間座るとベースラインに比べて下肢血流や血管拡張能は確実に悪化するが、約10分(1000歩)ほど自分の好きな速度で歩行すれば、悪化した各種の指標は正常化することを確認したと発表した。 歩く時間が1秒でも惜しい人は、立ったままPCを操作できる机を使うか、ルームランナーを使いながら仕事をすべきだとしている。 

 成人の約7割は自分の健康には興味を示すものの、「健康づくり」には無関心だといわれる。 厚労省の調査によると、日本人の1日平均歩数は男性8202歩、女性7282歩、1日1万歩以上歩いている人の割合は、それぞれ29.2%と21.8%と少ないのが現状である。 本年開催された欧州呼吸器学会では、「いつまでも健康な肺を!」キャンペーンの一環として学会参加者らによる1日1万歩競争が開催され、万歩計や携帯アプリで1日の歩数を計測し、事務局が集計する試みが行われたという。

 加齢に伴う筋肉量の減少は40歳頃に始まり、サルコペニア(加齢性筋肉減少症)と呼ばれる。 筋肉量が減少すると、当然活動量が減るので、普通に食べれば脂肪量は増える。 脂肪量が増えれば、サルコペニア肥満となり、体型の変化には気づきにくいので注意が必要だ。 筋肉は血液中の糖の最大の消費部位であり、筋肉量が減ると糖尿病を発症しやすくなる。 サルコペニアを簡便に知る方法として、両手の人差し指と親指で輪をつくり、ふくらはぎの一番太い部分を囲み、隙間ができれば陽性である。 筋肉量や筋力を維持するには、歩行などの有酸素運動と筋肉に負荷をかけるレジスタンス運動の2つを組み合わせると効果がある。 高齢者の筋肉トレイニングは、パワーリハビリといわれ、近年、米国では隆盛と聞く。

 世界的な疫学調査によると、日本は1日のうち座っている時間が長い国として、台湾、ノルウェイ、香港、サウジアラビアとともにランクインしており、どうやら歩行後進国の仲間入りをしているようである。 秋は歩いて楽しい季節である。 歳をとっても可能な限り、1日1万歩を達成し、下肢筋肉を鍛え、歩行先進国を目指したいものだ。

芋の茎アーチ描くもの描かぬもの   中島澄夫
秋澄むや山を見回す人の眼も   大串章
あくせくと起さば殻や栗のいが   小林一茶
秋茄子を二つ食べたるからだかな  栗林千津

アザミ2015
アザミ(2015年夏 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR