電子タバコの普及

 近年、愛煙家を中心に注目の商品に電子タバコ(Electronic cigarette)がある。 紙巻きたばこに似た吸引器を口にくわえ、吸い口で吸うと専用カートリッジ内の液体が電熱線の発熱で霧状となり、その微粒子をタバコの煙のように吸う装置である。 Vape(ヴェイプ)とも呼ばれる。 筒の中にバッテリーが入っており、火気を用いないうえに燃焼に伴うタール一酸化炭素なども発生しない。 香りや味を加味した製品やニコチンを含む液体を使用した製品があり、従来のタバコの代替とすることができる。 タバコの先端から副流煙が発生しないという大きな利点がある。 受動喫煙の心配がないことになる。 副流煙は、喫煙者が吸い込む主流煙に比べ、はるかに多くの有害物質を含むので、周りの人には助かるわけだ。

 電子タバコは近年、欧米を中心に急拡大しており、2014年の市場規模は約3500億円で、その半分を米国が占めるという。 英国の保健省は、このほど電子タバコで、気化したニコチンなどを吸う場合、従来の喫煙に比べ、健康被害が約95%低くなると発表した。

 これは従来のたばこの煙に含まれる有害化学物質の大半が含まれていないためであるとしている。 有害性が極めて低いとなれば、有力な禁煙支援ツールにもなり得るわけだから、利用範囲が広がることになる。

 電子タバコは、古くて新しい発展途上の製品であり、今後の研究、進展に注目したいものだ。

たばこの火手に打抜いて夕涼  小林一茶
寝むしろやたばこ吹かける天の川  小林一茶
ろうそくでたばこ吸いけり時鳥  小林一茶

開田高原牧場2
木曽・開田高原の夏/木曽馬の里 (2015.8.2 撮影)



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR