行ってよかった日本の城ランキング

 世界のトラベラーが選んだ「行ってよかった日本の城」トップ20が、世界最大の旅行口コミサイト(トリップアドバイザー:TripAdvisor)より発表された。 2014年の1年間の集計である。 栄誉あるトップを獲得したのは、54万国の城下町、熊本のシンボルである熊本城である。 第1位:熊本城、2位:松山城、3位:姫路城、4位:弘前城、5位:松本城、6位:犬山城、7位:備中松山城、8位:竹田城、9位:高遠城址公園、10位:二条城、 の順となっている。

 熊本城は日本三名城の一つと言われ、石垣作りの名人といわれた加藤清正により、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて築城され、1606年に完成した。 地元では銀杏城ともいわれ、御殿の前に銀杏の大木がある。 その麗しさで名高い松本城に触発されてデザインされたといわれ、松本城と同様、外壁は黒く塗られている。 桜の名所でもあり、日本さくら名所100選に選定された城でもある。

 明治時代になり、熊本鎮台が置かれた後に城の建物は次々に取り壊され、さらに西南戦争で第三の天守とも呼ばれる「宇土櫓」と一部の建物を残して、天守閣や本丸御殿は焼失したが、優美にして堅牢な石垣はほとんどが残った。 昭和35年に黒と白のコントラストが美しい大天守閣と小天守閣とが復元され、平成20年に本丸御殿が完成した。 熊本城の最大の特徴は、「清正流」の石垣で、「武者返し」と呼ばれ、上に行くほど急になり反り返って敵の侵入を防ぐ構造になっている石垣である。 

 日本の三名城は時代や定義によって諸説がある。 江戸時代の天守を基準にすると名古屋城、姫路城、熊本城の三つがランクされ、城郭の規模を基準にすると江戸城、名古屋城、大阪城の三つとされる。 日本のお城には、それぞれ歴史ロマンがあふれている。 熊本城は日本の名城の一つであり、一度は訪れてみたいお城の一つである。

群青に城輝いて蕗のとう   林良章
宵闇にくっきり浮かぶ冬の城  植田千加
いつみてもきれいなみどり熊本城  阿部舞香

開田高原2015
木曽・開田高原の夏(2015年8月3日 撮影)

 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR