花火と大気汚染

 今週の月曜日には当地にも梅雨明け宣言が出され、これからしばらくは猛暑との付き合いが始まる。 暦の上でも明日は大暑である。 涼風は歓迎だが、列島の南には、台風12号が発達しつつあり、上陸となれば、再び豪雨と強風は必至であり、進路が気になるところだ。

 暑さしのぎにもなり夏の風物詩で楽しみの一つに各地で開催される花火大会がある。 大空に舞いあがる百花繚乱の花火を眺めているときは、ただ感嘆のみで、すべての雑念は吹き飛び、我を忘れて見とれ、うっとりするのみである。

 例年、花火大会には、思わぬ事故もある。 今週初めに行われた豊橋の花火大会では、手筒花火が観客席に飛び込み2人が負傷し、救急搬送されたと報道されたばかりだ。

 米国の大気資源研究所が最近行った調査研究によると、花火大会の花火によって大気中に発生するPM2.5をはじめとする粒子状物質を定量化したところ、大会後の24時間は平均濃度が前後の日に比べて42%も上昇することが明らかになったという。 肺や心臓に病気をもった人が、この急増した粒子状物質を吸い込むと、喘息発作や心臓発作を起こして、死亡することさえあるので、注意が必要になる。

 粒子状物質の濃度は、花火までの距離と風向きによって大きな差がでるので、花火を楽しむときには、距離を十分にとり、風上で見るなどの工夫が必要になる。 喘息や狭心症持ちの人は発作治療薬を携帯することも忘れないようにしたい。

 
夏山や一人きげんの女郎花  小林一茶
老いてなお行く道広し夏の山  中島澄夫
山々は萌黄浅黄やほととぎす  正岡子規
花火消え元の闇ではなくなりし 稲畑汀子

レッドインパクト
グリーンカーテンとして咲き始めたマンデブラ:レッドインパクト(2015年7月26日 撮影)


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR