スマホ首の増加

 畑の完熟トマトやキウリの収穫が本格的となり、ナス、ピーマン、シシトウ、オクラなども遅れじと採れ始め、梅雨時の食卓が賑やかとなってきた。 我が家の厨窓の外側に張り巡らせようと植え込んだグリーンカーテン用のマンデビラも一番花を咲かせ、ツルの伸びも本格化してきた。

 さてこの頃は、電車に乗っても町中を歩いてもスマートフォンを熱心に操る若い人たちを見かけることが多い。 ゲームやメールで夢中になると、周りも見えず、延々と続き事故にもつながりかねないので、取り出す場所や時間には自制が必要である。

 近年、スマホを長時間操作することや、椅子に座って同じ姿勢を保ち長時間パソコンを扱うなどで、うつむいた姿勢を長く保つことが原因で、「首のコリや肩こり、背中の張り」を起こす人が増えており、首の不調を「スマホ首」と総称して、新たな国民病となることが懸念されている。 頭を首の筋肉だけで支える状態を、自ら作っていることが問題である。

 成人の頭の重さは平均約5kg(4~6kg)あり、首の骨(頸椎)を含む背骨と、首や肩、背中の筋肉がこの重さを支えている。 ケネス・ハンスラージ(Kenneth K Hansraj:米国脊椎外科医)の成人をモデルにした解析によると、首が前に傾くほど頸椎にかかる負荷は増え、首の曲がる角度が0度で5kg、15度で12kg、30度で18kg、45度で22kg、60度で27kgの負荷になったという。 27kgは8歳児童の平均体重に相当するというから、姿勢が悪いと首には大変な負荷になることがわかる。 

 スマホ首は慢性化すると首の痛みのみならず、めまい、耳鳴り、イライラ、不眠などを起こしやすく、更に頸椎の形態異常として、頸椎が変形する「頚椎症」や椎間板が後方へ脱出する「椎間板ヘルニア」を起こすことがあり、両疾患は近年世界的に増えているとされる。 総務省研究班による調査によると、日本人がスマホを操作する平均時間は1日約47分だという。

 スマホ使用中はできるだけ頭が前方へ下がらないよう注意し、首周りの筋肉への負担を軽くするよう心掛けるとともに、自分で使用時間を制限し、適時ストレッチ筋トレを取り入れ、スマホ首の予防に努めたいものだ。

妻留守の完熟トマト真二つに  山中正己
茄子もぐは楽しからずや余所の妻  星野立子
還暦を過ぎし勤めや茄子汁  前川富士子

マンデビラ:アリスデライト
マンデビラ:アリスデライトの一番花(2015年6月14日 撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR