待ったなし少子化対策

 総務省は毎年5月5日の「こどもの日」にちなんで、日本の子供(0~14歳)の数を発表している。 2015年4月1日現在、我が国の子供の数は1617万人であり、過去最低となった。 これは昭和57年から連続の減少で、前年比マイナス16万人である。 総人口に占める子供の割合は12.7%で、41年連続の減少となり諸外国と比べても最も低い数字である。

 日本では1974年以降、出生数の減少傾向が続き、2005年に初めて死者数が出生数を上回るようになった。 いわゆる多死社会の到来である。 現状を放置すれば、今後急激なスピードで人口減少を招き、経済社会の活力を維持することが難しくなることは必定である。

 一般に女性の識字率が高くなると出生率は低くなるとされる。 欧米諸国では婚姻関係以外で生まれる婚外子出産割合が40%を上回るのに対し、日本では約2%と極端に低い水準にある。 シングルマザーやシングルファーザーが安心して子供を育てられる社会的環境を整えると、出生率は高くなることが知られる。 

 少子化対策は急務であるが、結婚や出産は個人の価値観に負うところが大きく、決定打が打ち出せない状態が続く。 鳥取県は本年9月より第3子以降の子供の幼稚園や保育園の費用を全額無償化すると発表した。 第3子以降の保育料無償化は、すでに今年4月から富山県、福井県、京都府の3府県で実施しているが、所得制限や第1子、第2子の年齢制限がついており、無条件下での無償化は全国で鳥取県が初めてだという。 よい流れの一つであり、その効果を期待したい。 

 少子化対策は多岐にわたる気配りが必要で、今こそ国民的努力を結集すべき時である。

京雛の凛凛しき肩に恋心  磯田みどり
風食えば鯨の如し鯉のぼり  鳥花月風
砂けむる大都の空の鯉のぼり  田村泰次郎

宗祇水
岐阜県郡上八幡の宗祇水:日本の名水百選の第1号に指定された湧水(2015年5月16日撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR