超高齢社会と「お薬」事情

 超高齢社会に突入し、日本の国民医療費は年々増え続け、平成25年度には39.3兆円となり40兆円に迫った。 前年と比べ9000億円の増加である。 生産年齢人口減少社会において、増え続ける医療費へのブレーキのかけ方が国に課せられた課題の一つである。 

 医療費のムダ使いとして、最たるものの一つに高齢者宅から発見される飲めずに放置された大量の薬がある。 これは「残薬」と呼ばれ、金額にして年間475億円から500億円に達すると推計されている。 高齢になると、多臓器に障害をもつことが増えることから処方される薬剤が増え、また食事の回数が不規則になったり、認知機能の低下も加わり、残薬が山積みとなるケースが増えるのは自然の流れといえる。

 高血圧や2型糖尿病などで代表される主要生活習慣病は、長年にわたる悪い生活習慣が元凶であり、生活習慣の改善で治すのが医療の本来あるべき姿である。 薬剤の使用はあくまで一時的で補助的手段と考えれば、薬剤費は大幅に削減できる可能性をもっている。 中央社会保険医療協会(中医協)の調査によれば、重複受診に伴う薬局の重複投薬件数は、年間117万件ともいわれる。 

 服薬中の薬剤をまとめた「お薬手帳」を活用するなどして薬を整理し、類似薬の処方をまとめ、種類を必要最小限に制限して飲みやすくすることが求められる。 副作用の減少にもつながる。 高齢者では薬が多すぎて飲めないため病気がさらに悪化することも念頭に置く必要がある。 処方に関わる医師や薬剤師は、残薬の有無を検討し、さらに残薬を作らない工夫が望まれる。 服用する本人のみでなく、周囲も協力して服薬管理を強化するときである。

薬飲む咳すぐ止まり露天風呂    中島澄夫
十薬のつぼみのやうな昔あり    遠藤由樹子
薬飲むさらでも霜の枕かな      松尾芭蕉

パンジー満開
パンジー爛漫 (2015年4月6日 撮影)

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR