食塩摂取量の新基準

 確定申告も終わり、いよいよ来月より新年度のスタートとなるが、生活習慣病予防の観点から厚労省が定める1日当たり食塩摂取量の目標値が4月より改訂される。 18歳以上の男性は9g未満から8g未満に、女性は7.5g未満から7g未満へと引き下げられる。 

 2014年12月9日厚労省発表の2013年における日本人成人の一日当たりの平均食塩摂取量は、男性で11.1g、女性で9.4gである。 男女とも60歳代までは歳とともに摂取量が増加しており、歳を重ねるごとに味覚障害が進むため濃い味付けを好む傾向が出ている。 味雷が委縮・減少し塩味を感じにくくなっていることを自覚していない人が多い。

 2010年版の厚労省による「日本人の食塩摂取基準」による目標塩分摂取量は1日当たり男性で9.0g未満、女性で7.5g未満であったが、現在の摂取量は男女とも目標値を数グラムほど上回っている。 近年経年的に減少傾向がみられるものの、なお塩分過剰摂取状態は解消されていないのが現状である。 

 2013年における年齢階層別食塩摂取量の平均値を見ると、20歳代の男性10.6g、女性8.6gを示し、以後60歳代まで加齢とともに増加し、60歳代では男性11.8g、女性10.0gとなっている。 労働強度の違いや体質的な問題で、男性の方が女性より摂取量は多い。

 新年度からの新しい目標食塩摂取量を達成するためには、主菜と副菜を合わせて1食当たりの食塩が約2.5gとなり、これはかなり厳しい数字である。 酢やポン酢しょうゆなどを上手に活用すれば、美味しさを保ちながらも自然な減塩が可能となる。 ここにきて、食品メーカー各社も、「ほど塩」、「塩分カット」商品の開発、発売に力を入れつつあるのはよいことだ。 料理を作る人も、これを食べる人も、いつも減塩を意識して取り組みたいものである。

塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店   松尾芭蕉
勉学や絶えず沖より春の波   鍵和田禾由子
桜花何が不足でちりいそぐ   小林一茶

岩岳スキー場
八方尾根スキー場より岩岳スキー場を望む(2015年3月9日 撮影)


 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR