高齢者:筋肉量減少で死亡率2倍

 厚生労働省研究班が最近発表した調査結果によると、「筋肉量の少ない高齢男性は死亡率が2倍に跳ね上がる」ことが分かったという。 

 調査研究対象者は、47歳から92歳の一般男性626人である。 筋肉量をX線で測定し、12年間追跡した結果であり、期間中に197人が死亡した。 筋肉量が40歳以下の標準値の8割より多い人と少ない人の2つのグループに分けて比較検討したところ、少ない人のグループでは死亡率が1.9倍高かったという。 

 筋肉量が40歳以下の標準値より少ない人の割合は、60歳代で52.8%、70歳代で70.6%と、高齢になるほど筋肉量の少ない人の割合が増えていた。 死因別で2つのグループを比較すると、筋肉量の少ないグループでは、肺炎慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患が2.6倍高く、がんや脳卒中などでは有意差を認めなかった。

 女性についても同様の調査をしたが、女性ではもともと筋肉量が男性に比べて少なく、齢をとっても筋肉量の減少が穏やかであるため2つのグループ間で有意差はなかったという。

 高齢男性では、若いころに比べて運動量が著減する例が多く、筋肉量が減少するとさらに運動量の減少を招き、血中アディポネクチンやNK細胞活性などが低下し、免疫力低下をきたし、呼吸器感染症で死亡するリスクが高くなると思われる。

 筋肉は齢をとっても鍛えれば減らさず、増やすことさえできるとされる。 人間の筋肉の7割は下半身に分布する。 齢をとっても特に男性では、筋肉量を減らさないよう日頃から立つ時間を長くするよう努め、下半身の強化を心掛けたいものだ。

畑打つや中の一人は赤い帯  森鷗外
畑打つや土よろこんでくだけけり  阿波野青畝
赤かぶの一味違うスキー宿  中島澄夫

藪原スキー場1
藪原高原スキー場の頂上より、はるかかなたの槍ヶ岳を望む(2015年2月21日 中島澄夫撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR