プラスチックごみの海への流出

 食品のトレイや包装で近年プラスチック(plastic)の使用が大幅に増え、それに伴ってプラスチックごみが世界的に増えている。 プラスチックは、800°C以下で不完全燃焼すると、有毒のダイオキシンを発生する。

 米国のジョージア大学の研究者が今月12日に米国科学振興協会(AAAS)年次総会で発表した報告によると、世界の海に流出したプラスチックごみは、2010年の1年間で480万~1270万トンに達するという。 プラスチックごみは環境汚染になるだけでなく、海では波や紫外線により5mm以下のマイクロプラスチックとなり、魚介類が食べるので、これを食べた人間の健康に悪影響を及ぼすことは必然といえる。

 世界のごみの総計は年間25億トンと推計され、そのうちプラスチックは2億7500万トンを占め、うち1.7~4.6%に当たる480万~1270万トンが海に流出したというから驚異である。

 国別では中国で最も多く、132万~353万トンが流出し、世界合計の約28%を占めたとされる。 第2位はインドネシアの10%、3位はフィリピンの6%である。 因みに米国は0.9%で20位、日本は0.4%の30位となっている。

 プラスチックごみの流出防止策を世界的規模で確立すべき時を迎えている。 現状のまま経過すれば、海に流出するプラスチックごみは、10年後の2025年には現在の2倍以上の年間1050万~2800万トンに増加するとされ、これはまさに人類の悲劇といえる。 

春の海地球に浮きし船の数    渡部ひとみ
海暮れて鴨のこゑほのかに白し 松尾芭蕉
春の波見て献立のきまりけり   大木あまり  

牡丹冬サイズ小
冬牡丹 : 「七福神」 (中島澄夫撮影)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR